ニュース
» 2016年11月16日 12時21分 UPDATE

Google翻訳、新システムで精度向上 Googleが正式発表

数日前からGoogle翻訳が進化したと話題になっていました。

[ねとらぼ]

 Googleは11月15日(米国時間)、ディープラーニングによる新たな翻訳システムを日本語などに拡大したと発表しました。日本では12日ごろからGoogle翻訳にこのシステムが導入されたのではないかと話題になっていましたが(関連記事)、正式発表となりました。

新旧翻訳比較

 新翻訳システム「Google Neural Machine Translation(GNMT)」は9月末に発表されたもので(関連記事)、原文全体を読み込み、1つのユニットとして翻訳し出力する仕組みです。既存のフレーズごとの機械翻訳技術(PBMT)と比較して、翻訳エラーが55〜85%減少したと同社は説明していました。

 中国語の英訳から導入された同システムですが、このほど対応言語が英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、日本語、韓国語、トルコ語の合計8言語に拡大。世界人口の約3分の1のネイティブ言語、Google翻訳のクエリーの35%以上をカバーするとGoogle。目標はGoogle翻訳で使える103言語すべてに新システムを導入することだ、とも述べています。

Googleの発表文の冒頭をGoogle翻訳で翻訳してみた

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー