ニュース
» 2016年11月19日 17時13分 UPDATE

NHK人形劇「紅孔雀」のテープが大量発掘! 全223話中221話がそろう

エンドテロップには、先日亡くなった声優・肝付兼太さんの名前も。

[はためく惑星,ねとらぼ]

 NHKは11月18日、過去に放送した同局の番組を「発掘」する「番組発掘プロジェクト」のWebサイトで、1978年から1979年にかけて放送されたNHK人形劇「紅孔雀」のテープを大量に発見したと発表しました。

NHK幻の人形劇「紅孔雀」が「ほぼ」全て発掘 幻の人形劇「紅孔雀」が、ついに「ほぼ」全て発掘!(画像はNHKアーカイブス 番組発掘プロジェクトから)

 人形劇「紅孔雀」は、北村寿夫さんの小説「新諸国物語」を元にした作品で、戦国時代を舞台に、主人公・那智の小四郎が「紅孔雀の秘宝」を巡ってさまざまな相手と戦う物語。今年8月に初期120回分が発掘された人形劇「プリンプリン物語」(関連記事)の前番組であり、両作ともに今も根強いファンがいます。

 NHKが「番組発掘プロジェクト」開始時(約4年前)に所有していたのはわずか3話。しかし、「プリンプリン物語」が見つかった際に、同時に「紅孔雀」も「第2部〜第3部」にあたる第91回〜223回が見つかっていました。そして今回、「第1部」にあたる第1回〜第90回が新たに発見されたのです。

「紅孔雀」の第1部、第1回〜第90回が新たに発見 「第1部」第1回〜第90回が新たに発見されました(画像はNHKアーカイブス 番組発掘プロジェクトから)
2016年10月20日に亡くなった声優の肝付兼太さんの名前も 今年10月に亡くなった声優・肝付兼太さんの名前も(画像はNHKアーカイブス 番組発掘プロジェクトから)

 このテープを保存していたのは、前回の発掘と同じく「プリンプリン物語」「紅孔雀」のプロデューサー・元NHKの中谷正尚さん。残念ながら中谷さんは今年7月に亡くなっており、遺品を整理する中から録画テープが発見されたそうです。映像のエンドテロップには今年10月20日に亡くなった声優の肝付兼太さん(関連記事)の名前も見られます。

惜しくも「第82回」が収録欠けに しかし、惜しくも「第82回」が収録欠けに(画像はNHKアーカイブス 番組発掘プロジェクトから)

 ついに全話のアーカイブが発見された! ……と思われましたが、惜しいことに今回発掘された中では「第82回」が収録欠け。前回見つかった「第174回」の収録欠けと合わせて、全223話中221話がそろったことになります。発見された映像は更に詳しくチェックを重ね、NHKアーカイブスへ登録されます。残る2話は果たして発見されるのでしょうか?

関連キーワード

発掘 | NHK | 人形


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう