ニュース
» 2016年12月02日 11時45分 UPDATE

国交省、ASKA容疑者のタクシー車内映像放送に「誠に遺憾」 プライバシーを侵害した映像提供を問題視

ドライブレコーダーの映像は安全対策のために使われるべきだとしています。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 国土交通省は12月1日、タクシーのドライブレコーダーで撮影された後部座席の乗客の映像がテレビなどで放送された事案について、映像の適切な管理の徹底について関係団体宛てに通知したと発表しました。物議を醸した歌手のASKA容疑者の件を指していると思われます(関連記事)。


画像 各種事業者団体に対し、ドライブレコーダーの映像を適切に管理するよう求めています

 覚せい剤取締法違反で逮捕されたASKA容疑者がタクシーに乗車している映像は複数の報道番組で使用され、ネット上で「プライバシーの侵害ではないか」と批判の声があがりました。これに関し、タクシーグループ・チェッカーキャブは公式サイトで謝罪を行い、映像を提供した加盟会社に厳罰を与えることなどを発表(関連記事)。一方、ねとらぼ編集部の取材に応じた民放各社は、公益性、公共性があることなどを理由に放送したことを明らかにしています(関連記事)。

 国土交通省によれば、ドライブレコーダーの映像は安全対策を目的とした運転指導、事故調査・分析といった形で使用されるべきもの。「乗客のプライバシーに配慮することなくマスコミに映像を提供」することは不適切であり、「誠に遺憾である」と問題意識を強くにじませています。同省は今後、乗客のプライバシーを十分に配慮し適切な管理を行うよう、関連事業者団体に通知を行っています。


画像 チェッカーキャブは「再発防止に全力で取り組んでまいります」と謝罪


画像画像 フジテレビ、テレビ朝日は公益性、公共性を理由に放送したとコメント

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー