ニュース
» 2016年12月05日 18時55分 UPDATE

画像盗用で謝罪した「君の名は。」風写真加工アプリ「Everfilter」 新海誠監督の所属事務所は「許可を与えていない」

本当にライセンスを受けているの? 東宝とともに「事実関係を確認中」。

[ねとらぼ]

 写真を映画「君の名は。」風に加工できるなどと宣伝し人気となっているアプリ「Everfilter」。その開発元TopBuzz Japanが著作権上問題があったと謝罪した件で、新海誠監督が所属するコミックス・ウェーブ・フィルム(以下、CWF)は対応に追われている。

Everfilter謝罪 謝罪文

 同アプリは空に追加される雲の部分のいくつかに新海監督の作品と一致する部分が見つかり、盗用した画像をそのまま貼り付けているのではないかと問題視されていた。4日には中国の開発元がFacebookで、「中国国内ではライセンスを受けていたものの、誤って海外版にも使用してしまった」「使用をすぐさま停止し、著作権元である新海誠様へのご連絡もさせていただきました」と謝罪していた関連記事)。

Everfilter謝罪Everfilter謝罪 編集部からの風景写真(左)をアプリで変換するとアニメっぽくなった(右)

 CWFはねとらぼの取材に、「(アプリで加工された画像は)数日前からツイートなどで見かけて把握していたが、あくまでも自動生成されているものだと思っていた」という。アプリはディープラーニングでアニメっぽい画像に変換させるという説明だった。アニメの映像が使用されているとの指摘を受けて本格的に事実関係を確認することになった。

Everfilter謝罪Everfilter謝罪 句点がないから「君の名は。」とは違うとかそういうやつですかね?

 少なくともCWF側から許可は与えておらず、東宝も含めどういう経緯で「中国国内ではライセンスを受けていた」と説明しているのかを調査しているとのこと。新海監督へ連絡しているとの記述もあったが、Facebookに掲載された謝罪文と同様の内容で差出人の名前も企業名もないメールが届いただけで、本当に開発元からのメールなのか困惑していると明かした。

Everfilter謝罪 コミックス・ウェーブ・フィルム側も困惑

 「中国でのライセンスは本当なのか」「本当だとしたらどこが許可したのか」「どれだけの画像が(無断で)使われていたのか」「他にどのような作品から盗用されていたのか」……特定するには時間がかかるとCWFの担当者。新海監督としてもこうした問題で騒がれるのは本意ではないだろう。アプリは現在も配信されている。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう