ニュース
» 2016年12月14日 16時13分 UPDATE

バーチャル美少女が日常生活をお世話 世界初のホームロボット「Gatebox」が限定予約販売開始

優しく起こしてくれたりテレビをつけてくれたり。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 世界初のバーチャルホームロボット「Gatebox」の限定予約販売がついに開始されました(関連記事)。透明のケース内に、フィギュアサイズの美少女が映像で登場し、起こしてくれたり帰宅を迎えてくれたり、コミュニケーションでお世話をしてくれます。“俺の嫁”もここまで来たか!


本体 ケース内に美少女登場

会話 リモコンなどは不要で、会話だけで動作


 IoT製品の企画・開発を手掛けるウィンクルが、リアプロジェクション技術で実現したもの。マイクやカメラなどを卓上サイズのボックス内に搭載しています。ユーザーの動きや時間帯に合わせて話しかけてきたり、音声を認識して相応の返事をしたりと、自然な会話が楽しめます。


搭載機能 マイクや通信、各種センサーを内蔵

 Wi-FiやBluetooth、赤外線といった通信機能も完備。ネットの天気情報をもとにアドバイスをしたり、テレビや照明など家電を操作したり、日常生活をサポートしてくれます。外出時も専用のチャットアプリでコミュニケーションをとることが可能で、本当に嫁っぽい。


天気 天気が悪いときは、傘を持つよう促してくれる

チャット 外出中も連絡をとれる

 登場キャラクターは、販売初期のコンテンツとして配信される、同社オリジナルの「逢妻(あづま)ヒカリ」(声:冷水優果)。キャラクターデザインは、「ラブプラス」の箕星太朗さんが手掛けています。また、HDMIでPCを接続し、自作コンテンツを表示することも可能です。


逢妻ヒカリ アニメとドーナツが好きな20歳女性

自作 自作コンテンツの投影も可能

 価格は29万8000円で、2017年1月31日まで限定予約販売が行われています。販売後もソフトのアップデートにより、コミュニケーション機能を拡充する予定です。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー