ニュース
» 2016年12月27日 16時00分 UPDATE

永井豪「鋼鉄ジーグ」へのオマージュ映画「皆はこう呼んだ、『鋼鉄ジーグ』」、2017年5月より日本公開

日本版ではナレーションを遠藤憲一さんが担当。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 永井豪作品「鋼鉄ジーグ」をオマージュしたイタリア映画「皆はこう呼んだ、『鋼鉄ジーグ』」の、日本公開が正式に決定しました(関連記事)。2017年5月より、ヒューマントラストシネマ有楽町や新宿武蔵野館など、全国で順次公開されます。


ポスター

 日本公開に寄せて、永井豪さんは「犯罪と汚濁まみれのローマの下町で、アニメヒーロー『鋼鉄ジーグ』に憧れる女性のため、正義の戦いに立ち上がる“男の純情”が美しい!!『ガンバレ、君は鋼鉄ジーグだ!!』」と熱くコメント。また、日本版ではナレーションをエンケンこと遠藤憲一さんが担当することも分かりました。

 映画は「鋼鉄ジーグ」の実写化ではなく、同作を重要なモチーフにしたヒーローものです。主人公のエンツォは、ひょんなことから超能力を得た小悪党。最初は能力を悪用するも、闇の組織に殺された恩人の娘、アレッシアを世話するようになってから、正義に目覚めていきます。

 「鋼鉄ジーグ」の大ファンだった彼女は、やがてエンツォを同作の主人公、司馬宙(ひろし)と同一視するように。いつしか2人には愛情が芽生えますが、その前に闇の組織が立ちはだかります。


ティーザービジュアル 投影された「鋼鉄ジーグ」を背景に2人が語り合うティーザービジュアル

 フィーチャーされた「鋼鉄ジーグ」は、1975〜1976年放送のロボットアニメ。サイボーグの司馬宙が頭部に変身し、手足のパーツと磁力で合体しロボットとなる、独特のコンセプトが光る作品でした。


マグネモ 磁石のジョイントで手足を自由に合体できるおもちゃも人気でした。公園の砂場で遊んだら、砂鉄がくっついた思い出……(画像は復刻版、Amazon.co.jpより)

 そこから発展して生まれた映画は、イタリアのアカデミー賞「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞」で最多7部門受賞の快挙。モチーフをリアルタイムで見ていた世代には思い出の作品が出世して帰ってきたようで、感慨深いものがあります。



(沓澤真二)


関連キーワード

映画 | イタリア | アニメ | ロボット


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう