ニュース
» 2016年12月27日 18時26分 UPDATE

ライダー俳優・椿隆之、事件後初のテレビ出演 ブログでは「1秒でも前へ」と復帰へ意欲

“記憶が飛んでいる”こと、“寝ている時に恐怖で目覚めてしまう”ことを告白。

[五月アメボシ,ねとらぼ]

 ゴルフクラブで顔を殴られ重傷を負った俳優の椿隆之さんが、12月27日放送のフジテレビ系「ノンストップ!」に事件後初のテレビ出演(収録)を果たし、当時の状況と現在の心境を語りました。椿さんは2004年放送の「仮面ライダー剣(ブレイド)」で主演を務めた“ライダー俳優”として知られています(関連記事)。

椿隆之 椿隆之さん(画像は椿隆之さんのブログから)

 「傷口を見てしまうと心がつらくなるので」と、ケガの箇所を前髪で隠しながらインタビューに臨んだ椿さん。事件当時のことを聞かれると「バイクが見えて、危ないって思ったのと……」と話したところで口ごもり、「記憶が飛んじゃっていて。気がついたら病院で病院の人に『こういうもので殴られたんですよ』といわれて。……だから、相手の顔も何も覚えてないです」と、視線を動かし記憶を掘り起こすようにしながら答えました。

 また、ファンや関係者へ向けては「まわりの人にいっぱい心配をかけちゃったので、なにかしら、こういった形(テレビ出演)でもだし、それで皆の心配が少しでも減ってくれれば」「もっともっと明るい状態を見せることが、今の自分にできること」と、前向きな言葉で語りました。

 出演前に更新したブログでは、「正直、治ってない状態でテレビに出るのは、どうなんだろうと悩みました」と考えを述べた上で、「そういう思いをした方、それ以上の思いをした方が沢山いると思います。僕が、前を向く姿で、『ちょっとだけでも前に進めれたら』『ちょっとでも役に立てれたら』っと思います」とつづっていました。

 椿さんは、番組放送後にも「伝えたかった事が編集の問題で伝わらなかったので、改めて伝えます」としてブログを更新。記憶を思い出したいのに思い出せずに悔しい思いをしていることや、恐怖のために睡眠が妨げられていることなどを告白しています。

記憶を思い出したいのですが、人間の防衛本能なのか、蓋をしているらしく悔しいですが思い出せません。
実際に寝てる時に、顔に何かが近づいてきて、怖い、痛いっと、変な汗をかき、起きる事がありました。
カウンセリングに通おうか悩みましたが、
そんな時間より
「1秒でも前へ」
以前の生活に戻す事を優先にし、
みんなの何かに、なれるような存在になるように、これからも頑張ります!

椿隆之ブログ 「みんなの何かに、なれるような存在に」と椿さん(画像は椿隆之さんのブログから)

五月アメボシ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー