ニュース
» 2017年02月01日 22時14分 UPDATE

「バイト病欠でペナルティ」セブン-イレブン加盟店にいたずら Googleマップで一時「罰金店」に

Googleマップの機能を使ったいたずらとみられています。

[ねとらぼ]

 労働基準法違反が指摘されていた、武蔵野市内にある「セブン-イレブン」加盟店(関連記事)をめぐって、2月1日の午前から夜にかけ、Googleマップ上の表記が一時「罰金店」や「アルバイト罰金店」などに変更されるいたずらがあったことが分かりました。


Googleマップに罰金店 地図上では「罰金店」に(モザイク加工は編集部によるもの)

Googleマップに罰金店 別のタイミングでアクセスすると「アルバイト罰金店」(モザイク加工は編集部によるもの)

 Googleマップには以前から、ユーザーが地図情報を修正・提供できる機能があり(関連記事)、これを使って行われたいたずらと思われます。表記が変わっていた店舗は、一連の“罰金騒動”の中で「おそらくこの店ではないか」と推定されていた店。編集部が確認したところ、19時時点では「罰金店」、22時時点では「アルバイト罰金店」になっているのが確認できました。表記は何度か変わっているようで、Twitterでは「労基法違反店」だったという報告も見られました。

 同店をめぐっては1月30日、アルバイト従業員の給料から「病欠の際にシフトの代わりを見つけられなかったペナルティ」として9350円を減額していたことがTwitterの報告で発覚。セブン‐イレブン・ジャパンは労働基準法に違反するとして、同店に対し返金するよう指示していました。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう