ニュース
» 2017年02月04日 21時00分 UPDATE

無人探査機「ロゼッタ」、すい星上にアイアンマンの姿をとらえていた?

アーティスティックな彫刻やライオンの像が見えるとの指摘も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 現地時間2016年9月30日に任務を終了した、ESA(欧州宇宙機関)の無人探査機「ロゼッタ」(関連記事)。終了間際に撮影したチュリュモフ・ゲラシメンコすい星の画像に「アイアンマン」がいると、UFOの目撃情報などを掲載するサイト「UFO SIGHTINGS DIARY」が指摘しています。え〜っと……どこだ?


元画像 ESAの公開画像。指摘があったのは中央(ESA/Rosetta/NavCam - CC BY-SA IGO 3.0)

 指摘があったのは、ESAが公開した画像の中央。右側の部分を拡大してよく見ると……確かに人のような形が見えてきます。真ん中の丸い模様が、アイアンマンの動力炉「アーク・リアクター」っぽいかもしれません。


拡大画像 ただ拡大しただけではわからない

さらに拡大 右側をさらに拡大すると、右手を上げた人型が見えてくる

 同サイトは、左側にはアーティスティックな彫刻やライオンの像も見えるとコメント。なお、ESAは当該画像を「地表に散在する大小の岩」と説明しています。


彫刻 左上が彫刻、下がライオン像との指摘も。さすがにここまで無理があると、川原で見つけた石が何かの形に似ているのと同レベルのような……


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー