ニュース
» 2017年02月14日 21時57分 UPDATE

プレイボーイ、ヌードやめるのやめるってよ 「間違いだった」と決断から1年でヌードグラビア復活へ

やっぱなーし!

[城川まちね,ねとらぼ]

 「時代遅れ」などとして2016年3月号からヌードグラビアの掲載をしない方針に転換した、雑誌「PLAYBOY」(関連記事)が、わずか1年でそれを失策だったと告白。2017年3・4月号では再びヌードグラビアが掲載されることになりました。

ヌードグラビアを復活させたPLAYBOY CCOのクーパー・ヘフナー(画像はPLAYBOYのInstagramから)

 創刊者ヒュー・ヘフナーの息子でCCOのクーパー・ヘフナーは2月13日、SNS上で「最初にヌードグラビアが時代遅れとしたのは私だが、完全にやめてしまうのは間違いだった。ヌード自体が問題ではなかった。私たちはアイデンティティーを取り戻し、自分たちが何者なのか声をあげることにします」とメッセージ入りの画像を投稿しました。

 3・4月号のPLAYBOYでは、モデルのエリザベス・エラムがトップレスで横向きに写り表紙を飾っています。この表紙ではバストトップを隠すように「Naked is Normal(ヌードは普通だ)」の文字が大きく印字され、SNS上ではハッシュダグ「#NakedIsNormal」を拡散させ復活をアピールしています。

ヌードグラビアを復活させたPLAYBOY 表紙のエラムはInstagramで「この特別な号の表紙を飾ることができてうれしい」「ヌードは本当に普通」とコメント(画像はPLAYBOYのInstagramから)

 1953年9月に創刊された同誌には、マリリン・モンロー、マドンナ、シャロン・ストーンなどのヌードグラビアが掲載されてきました。Instagramのコメント欄には「プレイボーイさん、ヌードの写真やめたのかと思ってたよ」「俺は40年間買い続けているんだ、戻ってきてくれてうれしい。プレイボーイに幸あれ!」と喜びの声が寄せられたほか、「#NakedIsNormal」のハッシュタグだけを見てヌードグラビアの復活を知らず「ヌードが普通なら何で掲載しないんだ? ヌードが戻ってくるまで買わない」などとコメントしているファンも。いずれもPLAYBOYのヌードグラビアが多くのファンに待ち望まれていたことがうかがえるものでした。


関連キーワード

グラビア | 雑誌


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

東大ラノベ作家の悲劇ーーティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー