ニュース
» 2017年02月18日 11時30分 UPDATE

「この世界の片隅に」最終完成前バージョンを青森の劇場が配給元の手違いで上映

ある意味レア。返金や完成版を見ることができる対応。

[ねとらぼ]

 青森市にある映画館「シネマディクト」は2016年12月30日から2017年2月14日までに上映した「この世界の片隅に」において、最終完成前のバージョンだったことを公式サイトで明らかにした。

この世界の片隅に 公式サイト

 「この世界の片隅に」は、こうの史代さんの同名漫画を原作とした劇場アニメ。太平洋戦争下の軍港の街・呉市を舞台に、一般人女性「すずさん」の目線で日常生活を丁寧に描いた作品で、2016年11月12日に全国63館という小規模公開でスタートした後、口コミで動員数が伸びたことで上映館も拡大。1月10日発表のキネマ旬報ベスト・テンでは、アニメ映画として「となりのトトロ」以来28年ぶりの1位を獲得している(関連記事)。2月3日時点で映画は観客動員数が130万人を超えたと報告されている(関連記事)。

 最終完成前のバージョンを上映していたことについて劇場側は、「配給会社の手配違い」と説明。「ご鑑賞いただきましたお客様には、大変ご迷惑をおかけいたしましたこと深くお詫び申し上げます」と謝罪している。

この世界の片隅に そんなことあるのか……

 この期間、同作を鑑賞した来場者は申し出れば3月17日までの上映期間内であれば無料で“完成版”を見ることができる。また、上記期間中の有料鑑賞券半券と引換で返金される対応も。返金対応期間も3月31日まで。詳しくは東京テアトルへ。

 配給元の東京テアトルは「手違いは、シネマディクトに限ったものであり、それ以外の全国の劇場での上映はすべて正しい素材で行われていることが確認されております」とコメントしている。

関連キーワード

映画 | 公式サイト | アニメ | 謝罪 | 映画配給会社


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!