ニュース
» 2017年02月20日 12時32分 UPDATE

アスクル「倒壊の恐れはないと聞いている」 倉庫火災から4日経過も鎮火のめどたたず

火災発生から4日目を迎えました。

[Kikka,ねとらぼ]

 2月16日に発生した事務用品通販会社・アスクルの倉庫火災。火災発生から4日が経過した2月20日10時30分現在も、鎮火のめどはたっていません。


アスクル,火災発生前の  火災が発生した「ASKUL Logi PARK 首都圏」(アスクル提供)

 火災が発生したのは国内最大級の規模を誇っている物流センター「ASKUL Logi PARK 首都圏(埼玉県入間郡)」。2月16日9時ごろ、倉庫内のダンボールが燃えていることを従業員が確認し、初期消火及び通報を行ったとのこと。


アスクル, アスクル公式サイトに掲載された「火災による影響について」

 広報担当者によると2月19日には爆発が発生し、周辺の3軒7人に避難勧告が発令されましたが、現在は解消しているとのこと。爆発の原因についてはスプレー缶が爆発した可能性があるとしています。また同日夜の時点で延床面積7万2000平米のうち、4万5000平米程度が焼損していることがわかったといい、焼損規模は東京ドームとほぼ同等。現在も消火活動が続いています。

 なお一部で「倒壊の恐れ」が報じられていることについては、「消防に確認したところ、現時点(2月20日正午時点)では倒壊の恐れはないと聞いています」とのことでした。

 通販サイト「ASKUL」「LOHACO」では火災発生直後、一時的に注文の受付を停止していましたが、同日中に再開。現在は利用可能です。

(Kikka)

関連キーワード

アスクル | 倒壊 | 物流拠点 | 埼玉 | LOHACO


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー