ニュース
» 2017年02月20日 17時10分 UPDATE

NHK、手話CGの自動生成システムを開発 関東7都県の気象情報サイトで検証中

気象庁発表のデータと、あらかじめ用意した手話モーションを組み合わせて自動で生成。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 NHKが、天気予報用の手話CGを自動生成するシステムを開発しました。これをもとにした関東7都県の気象情報サイトを開設し、検証を行っています。


手話CG 自動生成された手話CG付きの気象情報を毎日提供。更新は5時、11時、17時の3回

 手話通訳士の動作をモーションキャプチャーで記録して、基本的な手指の動きや表情を表すCGを用意。気象庁発表の天気や気温と、CGのパターンを組み合わせて手話の動画を自動的に生成します。


仕組み 気象電文の天気や気温といったデータを、あらかじめ用意された手話モーションに当てはめて生成

 NHKは今後、対象地域の拡大や緊急警報などの提供も検討しているとのこと。気象情報の自動生成については、NTTデータもAI記者を用いて取り組んでおり(関連記事)、これらの研究が進めば、いつか気象ニュースが全自動で作られる日も来るでしょう。


(沓澤真二)


関連キーワード

天気 | 手話 | 自動生成 | NHK | 気象庁


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー