ニュース
» 2017年02月24日 15時52分 UPDATE

“リアルマリカー”実施のカートレンタル会社「マリカー」に任天堂が訴訟

「株式会社マリカー」が社名に「マリカー」を使っていることなどが、不正競争行為と著作権侵害に当たると任天堂は主張している。

[ねとらぼ]

 任天堂は2月24日、公道カートレンタルサービスを行う「株式会社マリカー」が不正競争行為と著作権侵害を行ったとして東京地裁で訴訟を起こしたと発表した。

任天堂の発表

 マリカーは公道を走れるカートのレンタルを行う企業。任天堂は、同社が「マリオカート」の略称を社名に用いていること、カートレンタルの際にマリオなどのキャラのコスプレ衣装を貸与していること、その衣装が写った画像などを宣伝に利用していることが、不正競争行為と著作権侵害行為に該当すると主張。これらの行為の差し止めと、それにより生じた損害の賠償をマリカーに求めている。

株式会社マリカー
株式会社マリカーのカート

 マリオキャラのコスプレでカートに乗り公道を走るリアルマリオカートイベントは、一般のファンによるものも行われている(関連記事)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー