新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年07月12日 15時50分 UPDATE

ネットで目撃情報多数 あの「リアルマリオカート」に参加してみたぞイヤッフゥ!!!

秋葉原を出発し池袋、新宿を経由して渋谷へ――公道を走る「リアルマリオカート」を体験しました。途中ドライブスルーも!

[朝井麻由美,ねとらぼ]
画像

 また1つ、夢がかなった。マリオたちばかりズルイ、と常々思っていたのだ。車に乗ったままジャンプしたり、他人の車に甲羅を投げつけたり、どう考えても楽しそうなカーレースを、私だってやってみたい、と。同様の憧れを持った人々の夢を具現化したイベントが「リアルマリオカート」である。すでに過去3回開催されており、都内各地での目撃情報もSNS上で散見される。実際にカートをレンタルして、マリオワールドのキャラクターのコスプレをし、東京都内を走り回るイベントだ。

画像 ここでカートを借りる

 参戦するにあたって、1つだけ大きな不安があった。乗るカートは「ミニカー」扱いでれっきとした車。もちろん運転免許が必要だ。私は免許は持っているには持っているのだが、取得してからというもの、1秒たりとも運転していなかったのだ。実に教習所の卒業試験以来。片手で足りない年数が経過してしまっている。

 不安な気持ちをぬぐい去らんと、まずはコスプレ衣装を着用する。主催側とプレイヤーとで相談し、事前にコスプレするキャラクターはそれぞれ決まっている。私の担当はキノピコ。

画像 キノピコになってみた
画像 左にいるのはキノピオ

 全員コスプレした状態で、まずは講習を受ける。エンジンのかけ方から前進、バック、ハンドルの切り方までを教わるのだが、このカート、走っていてモロに風を受けるため、実際の速さと比べて体感速度がものすごく速い……。アクセルをひと踏みしただけで怖くなってすぐブレーキを踏んでしまうものだから、ブルンッ(少し進む)バフン(止まる)ブルンッバフン!  と小刻みにしか進めず、公道を走るにはどう考えてもまだ早い状態で講習が終わってしまった。本家マリオカートで言うなら、スタートダッシュで出遅れて、めぼしいアイテムにも恵まれず周回遅れになるパターンである。どうあがいても絶望。

画像 講習中

 そしていよいよ「リアルマリオカート」が始まった。秋葉原を出発し、池袋、新宿を経由して渋谷がゴールだ。

画像 少しのカーブですらおっかなびっくり

 そして列をなして進むのだが……ハンドルにしがみつくのに精一杯で、街の様子に気を配っている余裕ゼロ。ただ、運転に不安のある初心者は常に前後に慣れたプレイヤーを配置するよう配慮はされているので、その点は安心だ。

 スタート時からすでに通行人が手を振り、カメラを構え、プレイヤーたちはマリオカートでおなじみの掛け声「イヤッフゥー!」と言いながらポーズをとる。過去に何度も参加している手練れたちは、通行人を見つけたらイヤッフゥ、信号待ちの合間にイヤッフゥ。もう5分に1回くらいの頻度でイヤッフゥだ。イヤッフゥのバーゲンセールである。

画像 ブオオオォォォォォォォンwwwwwイヤッフゥwwwwww

 イヤッフゥどころじゃなかった筆者も、秋葉原からしばらく運転して、池袋付近に着く頃には随分慣れてきていた。それまでは、信号待ちで止まっているときに横の通行人に手を振るくらいしかできなかったのだが、進んでいるときにおそるおそる片手を振るくらいまではできるようになった。これは体験した人にしか分からない感覚かもしれないが、アクセルを踏みながらさっそうと手を振って去っていくのは、玄人感があってなかなか悦に入れるのだ。

 そうこうしているうちに、前方のカートが建物のほうへ向かっていった。なんと、マクドナルドのドライブスルーに寄るらしい。この際はっきり言ってしまうが、どう考えてもお腹が減ったからではなく、面白いから寄ったとしか思えないコース設定だ。とはいえ、マリオカートだって一応「ドライブ」。理論上は間違ったことはしていないはず。

画像 マリオカートでドライブスルーに寄るという摩訶不思議な体験

 せっかくなのでカートの邪魔にならない範囲で買ってみる。

画像 実はこれが筆者の人生初ドライブスルーだった

 ドライブスルー後、しばし公園でのトイレ休憩を挟んで、新宿、渋谷へ向かった。

画像 トイレに行くヨッシー
画像 普通の車と並ぶと異様な光景

 新宿近辺の人も車も多い地帯に来ると、通行人だけでなく、横を走る車からも手を振られることが何度かあった。一般の車だけではない。清掃車に乗っていたおじさんが大喜びで反応してきたばかりか、自転車で見回りをする警察官までもが微かに笑ったのも目の端にとらえた。なんだか、ドライブしながら幸せを振りまいているような気がして、良い気分である。

画像 このバナナの皮を投げつけたい

 開始から2時間くらいたったこの頃には、前のカートにアイテムを使う妄想をするくらいには余裕が出てきていた。プレイヤーには、開始時点で甲羅やバナナ、キノコなど、マリオカートで出てくるアイテムがそれぞれ配られていたのだ。

画像 渋谷駅周辺を何周かグルグルまわった

 さて、ゴール地点の渋谷までやってきた。ちょうどお昼時だったのもあり、あまりのギャラリーにちょっとしたパフォーマンスショーをやっているようだった。右を向いても左を向いてもカメラのレンズ。カメラ目線をしては手を振って、の繰り返しだ。ハンドルを切るとき以外は常に笑顔で手を振っている状態……これはそう、まるで皇族のよう。よもや、リアルマリオカートをやって、「皇族気分を味わえる」という結論が出るとは思ってもいなかった。何事もやってみないと分からないものである。

画像 大舞台であるスクランブル交差点を通るときは全方位から注目が
画像 女子マリオ、女子ルイージ、ピーチ姫と。ありがとうございました!

 こうして、私のリアルマリオカート体験は終わった。配管工であるマリオはともかく、ピーチ姫(姫)やクッパ(魔王)は位が高い。マリオカートは意外に高貴な遊びだということが分かった夏の1コマだった。

朝井麻由美(@moyomoyomoyo)は、体当たり取材・イベント取材を得意とするフリーライター。一風変わったスポットに潜入&体験した記事は100本を超える。主に「週刊SPA!」や「DIME」などの男性誌で執筆するほか、「日刊サイゾー」ではB級スポットを巡る「散歩師・朝井がゆく!」を好評連載中。ゲームと雑貨とパズルが好き。コスプレするのもわりと好き。ウニとイチゴがあればだいたいご機嫌。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー