ニュース
» 2017年12月05日 12時00分 公開

【ライター募集】ねとらぼでは記事作成を手伝ってくれるライターを募集しています

【現在、ねとらぼ交通課で募集中です!】お客様の中にねとらぼで記事を書きたい方はいらっしゃいませんか?

[ねとらぼ]

 ねとらぼでは現在、一緒に記事を書いてくれるライターを募集しています。

 2011年にスタートしたねとらぼも、2017年4月実績で1億ページビューを達成するなど大きく成長しました。現在、1日あたりの記事掲載本数は30〜40本。しかし、まだまだ世界には私たちが知らない面白ネタがたくさん眠っています。私たちもアンテナは広げていますが、それでもすべてをカバーするには限界があります。

 そこでぜひ、みなさんの力を貸してください! ライターとしての経験は不問(経験者や専門家は優遇します)、特に定期的に手伝っていただける人だとありがたいです。必要なのは「書きたい!」というネタと熱意、そしてそれをきちんと読者に伝えられる文章力だけ。あなただけが持っている面白ネタを、もっと多くの人に広めてみませんか?


主な仕事内容

 ねとらぼに掲載する記事を書いていただきます。ネットで見つけたネタでもいいですし、取材やインタビューなどもアリ。実際に書く場合のフローはこんな感じです。


1:「こんなネタが書きたい」と編集部に提案

2:編集部で掲載可否を判断

3:ゴーサインが出たら原稿執筆

4:編集部に提出、掲載へ


 ネタの内容にもよりますが、ネタの提案から原稿提出まで早ければ2〜3時間くらい。書くのが早い人だと、1日に何本もネタを送ってくれることもあります。リアルタイムで紹介したい話題も多いので、やりとりは基本的にチャットで行っています。編集部があるのは東京ですが、地方や海外在住の方も大歓迎です。

 ネタ出しはいつでもOK、書くのも都合のいい時間で大丈夫です(速報性が求められる場合など、提出タイミングによってはお願いできないこともあります)。原稿料については、ニュース記事や取材記事など、手間や文量に応じて変えています。



どんなネタが欲しい?

 ねとらぼは雑食です。ネットで話題になっている(なりそうな)できごとであれば基本的になんでも扱います。

 ただ、もちろんダメなネタもあります。例えばこんなものはNGです。


誰かの権利を侵害しているもの

情報が不確かなもの

一方的、偏向的な視点から書かれたもの

公序良俗に反するもの…… などなど


 特に問題なく「よし書いて!」となることもあれば、「もうちょっと裏を取ってみて」「画像を掲載してもいいか聞いてみて」など、追加のお願いをすることもあります。「面白ければなんでもアリ」ではありません。そこがねとらぼのアイデンティティだと思っています。



ご応募お待ちしています!

 編集部ではいつもネタを欲しています。そのネタを自分の言葉で、分かりやすく紹介してくれるライターさんはもっと欲しています。このニュースをぜひ世に広めたい、話題の出来事を深く追ってみたい――という人、ぜひ以下の応募フォームからご連絡ください。まずはお名前とメールアドレス、簡単な自己紹介(執筆実績、自己アピールなど)だけで大丈夫です。

 みなさまからのご応募を、心からお待ちしております!(フォームはこちら)(2019年5月現在:ねとらぼ交通課で募集中です)


(ねとらぼ編集部一同)

2019年11月21日改訂

 ねとらぼ調査隊で募集を開始しました。世の中で盛り上がっているネタについて反応を調査し、記事として形にしてみたいという方、大歓迎!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた