ニュース
» 2017年02月27日 11時43分 UPDATE

NHK「ガッテン!」が公式サイトで謝罪 「糖尿病に睡眠薬が効く」と放送した件で

「混乱を招いてしまった原因はご出演して頂いた専門家ではなく番組にあります」としている。

[コンタケ,ねとらぼ]

 NHKの生活情報番組「ガッテン!」が、公式サイトに謝罪文を掲載した。2月22日の放送で「睡眠薬で熟睡時間を増やせば血糖値を下げることができる」と放送した件について(関連記事)、「説明が不十分だったり行き過ぎた表現があったりした」と説明している。


ためしてガッテン 睡眠薬 謝罪 2月22日放送の「ガッテン!」(画像は番組公式サイトより)


ためしてガッテン 睡眠薬 謝罪 同サイトに掲載された謝罪文

 問題となっているのは、「最新報告! 血糖値を下げるデルタパワーの謎」と題された特集。睡眠薬の服用を本来の用途とは異なる目的で推奨する内容となっていたことや、番組内で紹介された特定の睡眠薬を間接的に宣伝する内容に見える点も批判を集めていた。

 今回掲載された「『最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎』をご覧になった皆さまへ」と題された謝罪文では、「糖尿病の背景の1つに睡眠の問題があることをお伝えするのが、番組の趣旨でした」と説明。「視聴者の皆さま、医療現場の皆さま、関係者の皆さまに誤解を与え混乱を招いてしまったことを、深くおわび申し上げます」と謝罪している。

 また、睡眠障害と血糖値の関係について、睡眠薬で睡眠障害が改善されると血糖値も改善されるケースがあるというデータを番組で伝えたが、「睡眠薬で糖尿病の治療や予防ができる」などは行き過ぎた表現や短絡的な表記であったことを認めた。「あくまでも睡眠障害と診断された方に対して、医師が睡眠薬の処方が必要であると判断した時にしか行えないことを、もっと明確に述べるべきでした」としている。

 睡眠薬についても、「副作用の心配がなくなっている」という表現は不適切であったと説明。スタジオに出演した専門家はほかの薬剤についても説明していたが、編集によりその内容が伝わらなくなってしまったとのこと。薬剤名が分かる状態で薬を手に持つ映像を紹介したことも、あたかも番組や病院がこの薬だけを推奨しているかのような印象となってしまい、配慮に欠けていたとしている。

 最後に、「この混乱を招いてしまった原因は、ご出演して頂いた専門家ではなく番組にあります。おわび申し上げます」と謝罪している。

関連キーワード

睡眠 | 謝罪 | 糖尿病 | 生活習慣病 | 病気 | 睡眠障害 | 専門家 | 医療 | NHK


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 明らかに燃えそうなことを何でSNSに投稿しちゃうの? 経験者に聞くネット炎上の理由と怖さ(後編)

日めくりまんが「成功と失敗」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー