ニュース
» 2017年02月28日 11時09分 UPDATE

「おっぱいが壊れました」 タッチ我慢スターターが不具合の“わびパイ”にサイズアップの神対応をキメる

さらにボイス変更のレジェンド対応。

[コンタケ,ねとらぼ]

 2月20日にディースリー・パブリッシャーが公開した家庭用新作ソフトのカウントダウンサイト「タッチ我慢スターター」(関連記事)が、修理中の“わびパイ”としておっぱいを大きくするという頭のおかしい対応を発表しました。変幻自在のおっぱいかよ。


ディースリー・パブリッシャー タッチ我慢スターター おっぱい ティーザーサイト ビフォー


ディースリー・パブリッシャー タッチ我慢スターター おっぱい ティーザーサイト アフター


ディースリー・パブリッシャー タッチ我慢スターター おっぱい ティーザーサイト 現在の「タッチ我慢スターター」の様子

 「タッチ我慢スターター」は、カウントダウンがゼロになると新作ゲームの内容が公開されるティーザーサイト。画面に大きく表示される胸にタッチするたびに、1秒ずつ公開時間が延長される仕組みでした。

 しかし、サイトの公開直後から、「想定をはるかに上回るパイタッチ数」を記録。翌21日には新作ゲーム発表までの日付がカウンターの上限である999日後まで延長され、最終的におっぱいが壊れました(関連記事)。現在運営チームがおっぱいを修理中です。

 同社はこの事態を重く受け止め、“わびパイ”としてタッチ我慢スターターのおっぱいをGカップからIカップに膨乳。さらにパイタッチ時のボイスをよりセクシーなものに変更しました。ディースリー・パブリッシャーには頭のおかしい人間しかいねぇのか。

 なお、担当プロデューサーは、以下のようにコメントしています。

こんなに哀しそうなおっぱいを見たのは、私は初めてです。

当初は、新作ゲームソフトの発表までの長い道のりを共に歩む頼もしい相棒であり、辛いときには安らぎを与えてくれる明るいおっぱいでした。

しかし今はただ、おっぱいをタッチされるだけの機械になっています。おっぱいにこのような哀しい顔をさせたのは、いったい誰でしょうか。何が原因だったのでしょうか。私は100回くらいしかタッチしていません。

けれど私たちは諦めません。あの頃の明るい顔のおっぱいを取り戻すために、最後の最後まで力を尽くしたいと思います。

なお、一部の賢明なユーザーの方々から、「このままだと永遠にゲームを発表できないのでは」という鋭いご指摘をいただいておりますが、おっぱいのことしか考えていませんでした。頭を抱えています。

 果たしてカウンターが正常に戻る日は来るのか。そしてタイマーは残り0まで時間を刻むことができるのか。頑張れおっぱい。負けるなおっぱい。全世界の煩悩が消え去るその日まで。

 ……んで、発表予定の新作ソフトの内容は結局どうなるのでしょうか。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー