ニュース
» 2017年03月02日 17時42分 UPDATE

LINE、バーチャル美少女ホームロボット開発のウィンクルを子会社化 新規事業のAIを活用し共同開発へ

新規クラウドAIプラットフォーム「Clova」で、より高度なホームロボットが開発される?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 LINEは、フィギュアサイズの美少女が映像で現れ、世話を焼いてくれるホームロボット「Gatebox」(関連記事)の開発元であるウィンクルと資本業務提携を行い、同社を連結子会社化することに合意したと発表しました。LINEのAI技術を活用し、バーチャルホームロボットの共同開発に参与するとしています。


公式発表

 同日には新たな戦略として、クラウドAIプラットフォーム「Clova(クローバ)」も発表。NAVERと共同で研究開発を進めています。パートナーシップ企業としてはソニーモバイルコミュニケーションズとタカラトミー、そしてウィンクルの名も。AI技術の投入で、より高度なホームロボットの実現が期待されます。

 Clova搭載製品としては、2017年初夏にスマートスピーカー「WAVE」を発売予定。話しかけると会話でき、ニュースや翻訳といったコンテンツサービスや、家電のオン・オフなどを行うホームコントロールが利用できます。参考として、同年冬ローンチ予定のスマートディスプレイ「FACE」も公開されています。


Clova Clova搭載デバイスの、WAVEとFACE


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう