ニュース
» 2017年03月08日 17時25分 UPDATE

0.637秒でルービックキューブを解くロボット、ギネス世界記録認定 もはや速すぎて意味不明

まばたき数回で終わるレベル。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2016年にルービックキューブを0.887秒で解いたロボット、「Sub1」(関連記事)。同年11月に改良型が0.637秒へ記録を更新し、ギネスワールドレコードに認定されました。達成の瞬間を動画で見ると……うん、速すぎて何が起きているのかさっぱりわからない。


 内側に伸びた6本のアームで、ルービックキューブをつかむ球状のロボット。キューブの状態を撮影した2枚の画像を受け取り、各ピースの色を識別して解法を計算します。算出するとアームが高速で動き各面を回転。わずか21手で全面の色をそろえました。


起動 ポチっとな

回転 クルクル……

完成 ピタッ。0.637秒でもう完成。なんだか怪物くんが顔変えてるみたいですね

 ドイツのエンジニア、アルバート・ビアさんが、Infineon Technologies製チップを用いて開発。同社の広報担当は英BBCの取材に対し、「マイクロエレクトロニクスにより、問題をもっと効率的に解決できることを示したい」とコメント。加えて、自動運転システムにも応用できることを示唆しています。

出典(引用)ギネスワールドレコーズ


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(前編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー