ニュース
» 2017年03月29日 15時45分 UPDATE

「てるみくらぶ」内定取消者に無試験・無面接で内定を SNS上で名乗り出る企業・団体が相次ぐ

内定者たちにとっては波乱の日々が続いています。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 格安海外旅行業者「てるみくらぶ」の内定取消者を無選考で採用すると名乗り出る企業・団体がSNS上で複数登場し、話題を呼んでいます。


 倒産した「てるみくらぶ」が、内定者を約50人も出していた問題(関連記事)。まず名乗りを上げたのが、財団法人・宿泊施設活性化機構(JALF)。同団体は3月28日、公式Facebook上で「『てるみくらぶ』をはじめとする内定を取消された学校卒業生の方々へ。『その身柄、JALFで引き受けます』キャンペーンを行います」とする告知を掲載。社会貢献の一環として、無試験・無面接で内定を出すと説明しています。ただし告知では、「あなたが優秀な方の場合:一生JALFにいてください」「あなたがそれほどでも…:数か月、風雨を凌いでください」とも記述されています。


 続いて警備会社のJSSも無試験での採用を、同社代表の倭文浩樹さんがTwitter上で呼びかけています。さらに29日に入り、軌道保守と土木事業を請け負う濃建も、「このような会社でよろしければ、軌道工または本社総合職として採用させて頂きます」として、採用に前向きであることを公式Twitterで発信。


 突然4月からの働き先を失ってしまった内定者からすれば、無条件での採用は願ってもない申し出。しかしいずれの告知も具体的な契約形態などについては触れられておらず、就職の前には詳細な確認が不可欠です。

 「てるみくらぶ」での内定大量取消を受けて、厚生労働省は29日、特別相談窓口を東京及び大阪の新卒応援ハローワークを設置すると発表しています。これらの取り組みが内定取消者たちに襲った混乱を少しでも早く解消する一助となるのか、注目が集まります。


関連キーワード

就職 | 内定 | 破産・倒産


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー