ニュース
» 2017年04月06日 13時57分 UPDATE

小学生の将来の夢に「YouTuber」が登場 学研「小学生白書Web版2016」調査結果

「自分らしく楽しいことをしながら稼ぐ、という新時代のビジネスに小学生も注目している」とのこと。

[コンタケ,ねとらぼ]

 学研ホールディングスが、「小学生白書Web版2016」の調査結果を発表しました。このなかで、「将来つきたい職業」に「YouTuber」と回答した小学生がいたことを報告しています。


学研 小学生白書Web版2016 YouTuber学研 小学生白書Web版2016 YouTuber 小学生男女の「将来つきたい職業」ランキング

 同調査は、2016年9月17日〜9月20日にインターネットを使って実施されました。調査対象者は小学1〜6年生の男女(とその保護者)で、サンプル数は各学年男女100人の計1200人。

 将来就きたい職業の質問では、男子のトップ3はプロサッカー選手(8.3%)・プロ野球選手(4.8%)・警察官(4.5%)、女子のトップ3はケーキ屋(10.2%)・パティシエ(10.0%)・医師(4.5%)と定番の職業がならんでいます。そんななかで、今回「YouTuber」と回答した小学生がいたことを、発表の中で大きく取り扱っています。

 「YouTuber」の回答数は0.5%(6人)と少数ながらも、この新しい仕事に小学生も注目しているという事実は非常に大きなものかと思われます。まあ、YouTuberの平均給料は747万円ですしね……(関連記事

 「小学生白書2016 Web版」の全質問項目の詳細は、学研の公式サイトで公開されています。

関連キーワード

小学校 | YouTuber | 職業 | 調査


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう