ニュース
» 2017年04月06日 23時10分 UPDATE

舞台「犬夜叉」ついに開幕! 犬夜叉役の金爆・喜矢武「のびのびと今が一番羽が生えています」

「あなたたちが面白かったと記事に書けばいいんです!」(喜矢武さん)

[田下愛,ねとらぼ]

  高橋留美子さんの人気漫画「犬夜叉」の舞台が天王洲・銀河劇場でついに開幕しました。

舞台「犬夜叉」ゲネプロから 舞台「犬夜叉」ゲネプロから。犬夜叉とかごめの戦いが今始まるーー

 戦国時代にタイムスリップした日暮かごめと、妖怪と人間の間に生まれた“半妖”犬夜叉が、手にした者に強力な力を与える“四魂の玉”をめぐり、数奇な運命に立ち向かうストーリー。原作は1996年から2008年にかけ小学館「週刊少年サンデー」で連載され、伝奇的な世界観や交錯する恋心など高橋さんの真骨頂といった内容が人気を博し、2000年にはテレビアニメ化、劇場版アニメもこれまでに4作公開、舞台化の一報も話題を呼びました(関連記事)。

“半妖”犬夜叉 妖怪の父と人間の母の間に生まれた“半妖”犬夜叉

腹違いの兄・殺生丸と対峙(たいじ)する犬夜叉 腹違いの兄・殺生丸と対峙(たいじ)する犬夜叉

  人気作品の主人公を演じるに当たり「ファンに叩かれないようにがんばる」と語っていたゴールデンボンバーの喜矢武豊さん。開幕に先駆け行われたゲネプロでは、「ふしぎ遊戯」など、舞台俳優としての活躍も著しい喜矢武さんが達者なアクションでアクロバティックに舞台狭しと大活躍。乃木坂46の若月佑美さんと伊藤純奈さんが演じるはねっかえりの現代っ子・かごめと、落ち着いた巫女の桔梗らとともに、アクションあり恋愛ありの力強いシーンを繰り広げました。

ヒロイン・かごめ 突然過去にタイムスリップしてしまう15歳のヒロイン・かごめ
かつて犬夜叉を封印した巫女・桔梗 かつて犬夜叉を封印した巫女・桔梗

喜矢武「ゴールデンボンバーのメンバーが恋しくなること? 全くないですね」

左から滝口幸広さん、木村了さん、喜矢武豊さん、若月佑美さん、佐奈宏紀さん、伊藤純奈さん

 ゲネプロに先駆けて行われた囲み取材には、喜矢武さんや若月さん、伊藤さんのほか、殺生丸役の佐奈宏紀さん、弥勒役の滝口幸広さん、奈落役の木村了さんが出席。座長で主役の喜矢武さんは、「座長として心がけていること」を聞かれ、「ないですね。僕が引っ張るというより、僕が頑張るという気持ち」と殊勝なコメント。とはいえ、「稽古中、空気を明るくしてくれたのは喜矢武さん。かっこいい座長だと思いました」(若月さん)などの声もあり、また、喜矢武さんが夜遅くまで稽古をしていたことなども明かされ、座長、リーダーとして並みならぬ努力をしていた様子が伺えました。

毎朝徹夜明けの疲れた顔で稽古場に来ていたという喜矢武さん 稽古に打ち込みすぎ? で毎朝徹夜明けの疲れた顔で稽古場に来ていたという喜矢武さん。高橋先生の作品では「らんま1/2」が大好きだという話も

  余程舞台に集中していたのか、「ゴールデンボンバーのメンバーが恋しくなることは?」と聞かれ、「まったくないですね」と即答してみせた喜矢武さん。「普段、(金爆のメンバーとは)毎日のように顔を合わせているので、久々に顔合わせなくてすんでいるなって、のびのびと今が一番羽が生えています」と生き生きと語りました。

 ゲネプロのカーテンコールでは「あなたたちが面白かったと記事に書けばいいんです!」(喜矢武さん)と報道陣に強気のアピール。華麗な雄姿が見られる舞台「犬夜叉」は、4月15日まで天王洲・銀河劇場で公演。千秋楽には全国各地の映画館でライブビューイングも実地予定です。

最初は何かとけんかしてばかりの犬夜叉とかごめも…… 最初は何かとけんかしてばかりの犬夜叉とかごめも……
次第に心を通わせていきます。二人の運命はいかに?

(C)高橋留美子/小学館 (C)2017 ネルケプランニング/ユークリッド・エージェンシー/小学館

田下愛


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう