ニュース
» 2017年04月10日 20時35分 UPDATE

神戸市委託の「神戸アニメストリート」に詐欺疑惑が浮上 イベント売上金を支払わず、被害者がブログで告発

嘘だと言ってよ、神戸アニスト……。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 創作工房の社長が4月6日、ブログやSNS上で「神戸アニストに詐欺られてる話」と題し、イベント売上金を踏み倒されそうになっていると訴えた投稿が波紋を呼んでいます。


 株式会社神戸アニメストリートは、神戸市の「アスタくにづか地区商業活性化モデル」事業委託先として2015年1月に設立。以後、オタク文化の発信地として、多くのイベントを開催してきました。

 ブログによると、被害に遭ったのは2015年8月に開催されたイベントでのこと。イベント内でアイドルコンテンツの催しと、物販、展示を展開したところ、215万円の売上金の振り込みに遅延が発生。神戸アニメストリート側に問い合わせをすると、当初こそ振り込みの意思があるとする口頭/書面上での返答があったものの、その後は「払えねえもんは払えねえ」「うるせえ」「知るか」といった電話口での回答や、居留守、電話を一方的に切られるといった不誠実な対応が繰り返されたといいます。


 創作工房社長は弁護士に相談したところ、相手が一度支払いの意思を示した以上、法的に支払いを強制することは難しい上、この場合の請求権は2年ほどで失効するとの説明を受けたそうです。同社長は、「基本、エンタメの端っこにいるので皆様の気分を害するようなことはするべきではないなあと思っている」としつつも、(1)もうすぐ法律的な時間の問題があり公にすべき時期になってきている点 (2)どうやら同じ迷惑を被っている方々がいるらしい点 (3)正攻法で対応したところ、あまりにも効果がなく、真面目に対応していたら損をする点を理由に、ブログで告発することを決意したとのこと。

 ブログにて名指しで批判された神戸アニメストリートの社長/プロデューサーの岸建介氏は4月7日、自身のTwitter上で、「よくもまぁ…ありもしないことをつらつらと…」と、暗にブログ内容を否定するツイートを投稿していました(ツイートは現在削除済み)。ねとらぼ編集部がこの件について、神戸アニメストリートに電話取材を申し込んだところ「担当者不在のため、コメントは差し控える」との回答でした。

「神戸アニストに詐欺られてる」ブログ投稿で波紋 神戸アニメストリート、ガイナックスWEST、神戸市に聞いた 「ありもしないことを」とツイートした岸氏に対し、創作工房社長は当初「『ありもしないことをつらつらと』仕事の時間削ってやっているほど暇でもない」として反論。岸氏のTwitterアカウントにブロックされていることを証明する画像を「アカウントをブロックするのは後ろめたいからなのでしょう」というコメントと共に投稿していました(ブログ追記更新時に該当部分は削除済み


 ねとらぼ編集部は岸氏が取締役を兼任しているガイナックスWESTにも取材しました。同社は、「同案件については認識している。岸氏がガイナックスWESTで取締役を務めていることも事実」と認めつつも、「ガイナックスWESTが設立されたのは2016年3月のことであり、設立前に別会社で起きた問題のため、回答する立場にない」と説明しました(関連記事)。

 また、神戸市の担当者にも「問題を認識しているか」「どのような対応を考えているか」質問をしたところ、「問題は把握していなかった。事実関係に不確かなところがあるため、現段階では答えることはできない」との回答がありました。ブログによると、創作工房社長は1年半前に市に問い合わせをしており、その時点で「そういう話は聞いています」「そのうちなにか対応があると思います」と説明を受けたとの記述があり、今回の市側の説明と食い違いがありました。市の現在の担当者からは、前任の担当者が異動になっているとの説明もあり、情報が適切に引き継がれていなかった可能性がありそうです。

 ねとらぼ編集部では引き続き神戸アニメストリートに取材を打診中。続報があり次第、追記や新規記事にて伝えていく予定です。


続報記事を掲載しました(4月18日)

「神戸アニメストリートは踏み倒すのに慣れているので」―― 売上は全く支払われてない、被害者オーナーが激白


関連キーワード

神戸 | アニメ | イベント


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう