ニュース
» 2017年04月30日 18時47分 UPDATE

セコムがドローンを活用した巡回監視へ 山口県の刑務所で実証実験

セコムドローンによって上空から監視する新サービスです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 セコムは、民間防犯用の「セコムドローン」を活用した新サービス「巡回監視サービス」の実証実験を、山口県美祢市にあるPFI刑務所「美祢社会復帰促進センター」で実施すると発表した


セコムドローン 巡回監視 美祢社会復帰促進センター 実証実験 「セコムドローン」による「巡回監視サービス」の利用イメージ

 セコムドローンは、2015年12月に提供を開始した自律型の飛行監視ロボット(関連記事)。今回実証実験が行われる「巡回監視サービス」では、このドローンを遠隔で発進して敷地内を自律飛行させ、搭載されたカメラのライブ映像で上空から監視することで、死角の少ない高度なセキュリティを実現。また屋上等の危険な場所の監視や、それに伴う常駐警備員の負担軽減も可能になるとしている。


セコムドローン 巡回監視 美祢社会復帰促進センター 実証実験セコムドローン 巡回監視 美祢社会復帰促進センター 実証実験 「ドローンポート」から離陸する様子(左)/事前に設定した経路(速度/高度/向き)で飛行するドローン(右)

セコムドローン 巡回監視 美祢社会復帰促進センター 実証実験セコムドローン 巡回監視 美祢社会復帰促進センター 実証実験 撮影した映像はリアルタイムで確認が可能(左)/ドローン監視卓の画面イメージ(右)

 同サービスは今後、主に比較的規模の大きな施設向けに提供される予定。また将来的には画像処理技術やAIを活用することで、異常の自動検知などを可能にし、人による映像監視も省力化できるよう発展させるとのこと。

 セコムが代表企業として参画している官民協働の刑務所「美祢社会復帰促進センター」は2007年4月に開所。敷地総面積は約28万平方メートル、初犯者を対象に男女受刑者1300人の収容が可能な施設で、同社はセキュリティシステムの提供や安全管理など多くを担当している。


セコムドローン 巡回監視 美祢社会復帰促進センター 実証実験 美祢社会復帰促進センター

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー