ニュース
» 2017年05月19日 20時45分 UPDATE

ヤマト運輸、10月改定の宅急便運賃と新たな割引サービスを正式発表

デジタル送り状や、宅急便センターへの直送などを利用した場合、荷物1個につき50円引きになる割引も始まります。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ヤマト運輸が4月28日に告知していた宅急便の運賃値上げについて、正式に発表しました。既報通り、従来の基本運賃へサイズごとに異なる140〜180円が加算。10月1日から適用されます。


公式発表 60〜80サイズは140円、100〜120サイズは160円、140〜160サイズは180円が加算(すべて税別)

 同時に各サービス規格も改訂。スキー宅急便(オールインワン型)は従来の140サイズから160サイズ、ゴルフ宅急便は120サイズから140サイズ、スーツケースは120サイズから160サイズ扱いに。実質的な値上げとなります。


規格改定 一部荷物の取り扱いサイズが変更

 あわせて、新たな割引制度と新サービスも発表。「デジタル割」では、店頭端末「ネコピット」で発行したデジタル送り状を利用することで、荷物1個につき運賃が50円引きになります。また、クロネコメンバーズ会員が直営店に持ち込みで発送した場合、現行の持ち込み割引と合わせて150円が割り引かれます。

 新サービス「宅急便センター直送サービス(仮称)」では、送付先を自宅でなく直営店に指定した場合、荷物1個につき50円引きに。これらの割引は、新運賃同様10月1日から始まります。


新サービス 新たな割引制度とサービスの概要

 改定後の基本運賃は公式資料に記載。5月22日からは特設サイト(リンクは当日から有効)でも公開されます。


新基本運賃表 10月1日以降の基本運賃表(クリックで拡大)


(沓澤真二)


関連キーワード

ヤマト運輸


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー