ニュース
» 2017年06月03日 22時00分 UPDATE

早産で生まれたカバの赤ちゃん、4カ月間の手厚いケアですくすく成長中!

もう元気だよ!

[かのん,ねとらぼ]

 米オハイオ州にあるシンシナティ動物園で、早産で生まれたカバの赤ちゃんフィオナ。その誕生から4カ月間の様子が動画で公開されています。

 カバのフィオナは、予定より6週も早く誕生しました。カバの出生体重の平均値の半分以下で生まれてきたフィオナは、24時間体制での手厚い医療ケアが必要でした。水分を与え、体を暖め、酸素の吸入をし、水の中につけて乾燥を防ぎ……まだよちよちとしか歩けないフィオナを、スタッフたちは一生懸命お世話しています。

カバ 小さなフィオナ

 そのかいあってフィオナはだんだんと丈夫になっていき、たくさんのミルクを飲めるように。そのおかげで体重も増えました。そして大きめのプールを使って水中で過ごす練習も。自分の足でしっかりと歩き、自らプールに入るフィオナは、水中をスイスイと泳ぐこともできるようになりました。

カバ スイスイ泳いでいます!

 フィオナは毎日、柵越しに両親と対面しており、いずれは家族とともに暮らす予定となっています。そして夏頃には動物園の来訪者にもその姿を見せられることをスタッフたちは期待しています。

カバ はやく一緒に暮らせるといいね

 スタッフたちの手厚いケアと愛情とで、すくすくと成長できたフィオナ。これからも元気に大きく育って、早く家族と暮らせるようになるといいですね!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう