ニュース
» 2017年07月19日 13時40分 UPDATE

「ウルトラマンブランドを著しく毀損し、断固として非難すべき」 円谷プロ、中国アニメ映画のウルトラ無断利用に声明発表

中国企業らに「法的措置を含む断固とした措置」を行うとのこと。

[Kikka,ねとらぼ]

 円谷プロダクションは7月19日、中国のアニメ映画にウルトラマンが出演するという情報について、「ウルトラマンブランドを著しく毀損し、断固として非難すべき」との声明を発表。あらためて作品への関与を否定しました(関連記事)。


ウルトラマン 円谷プロダクションによる声明(円谷プロダクション公式サイトより)

 7月10日(ウルトラマンの日)に広州藍弧文化伝播有限公司(ブルーアーク)が発表した「鋼鐵飛龍之再見奧特曼(日本語訳:ドラゴンフォース〜さようならウルトラマン〜)」に関して、円谷プロダクションは「本件発表について、当社は一切関知しておらず、本件映像作品は当社の許諾・監修等なく製作されているものです」と述べています。


ウルトラマン 「鋼鐵飛龍之再見奧特曼」に登場するというウルトラマン(YouTubeより)

 またボディーペイントのウルトラマンが登場した発表会の映像やウルトラマンキャラクターの利用方法などについては「ウルトラマンブランドを著しく毀損し、断固として非難すべきものであり、到底認められるものではありません」と厳しい言葉で非難。


ウルトラマン イベントに登場したなぜか顎がとがってしゃくれているウルトラマン(YouTubeより)

 また海外での利用権については、「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」「帰ってきたウルトラマン」「ウルトラマンA(エース)」「ウルトラマンタロウ」の6作品おいて、既報の通り複数の国で長期間の係争が続いている事実を認め、その上で「これまでに出されたいずれの判決においても、一貫して、当社がすべてのウルトラマンシリーズの製作者であり、その著作権を保有している点が認められております」と自社の立場について説明しました。

 円谷プロダクションは「本件映像作品のような新規著作物の製作、ウルトラマンシリーズキャラクターの翻案・改変等の権利は当社のみに帰属する」とし、今後は作品の発表を行った中国企業(ブルーアーク)、及び本件映像製作に関与している者に対して「法的措置を含む断固とした措置」を行うとしています。


ウルトラマン ブルーアークの公式サイトに掲載されたウルトラマン(ブルーアークの公式サイトより)

 「鋼鐵飛龍之再見奧特曼(日本語訳:ドラゴンフォース〜さようならウルトラマン〜)」は、3DCGアニメ作品「鋼鐵飛龍(日本語訳:ドラゴンフォース)」の映画第2弾。フルCGで表現されたウルトラマンがゲスト出演・活躍する様子が描かれていましたが、ウルトラマンの姿は腹筋がシックスパックに割れて筋肉質になり、全身にグレーのラインが入るなど独自のデザインになっていました。

 またその発表会に登場したウルトラマンは肌に直接ペイントを施しているため、乳首があったり、はだしだったり、なぜか顎がとがりすぎてしゃくれて見えたりしており、ネット上で「パロディだとしてもクオリティが低すぎる」と怒りの声が上がっています。

(Kikka)

関連キーワード

ウルトラマン | 円谷プロ | 日本 | 非難 | ドラゴン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!