ニュース
» 2017年09月22日 21時15分 UPDATE

バトルできるスマートけん玉「電玉」がおもしろそう 振動機能で相手けん玉を妨害

練習意欲沸いてきそう。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 9月24日まで開催中の「東京ゲームショウ2017」。最新技術だけでなく伝統的な遊びにも目を向けたスマートけん玉、「電玉」が白熱した面白さでした。

対戦できるスマートけん玉「電玉」
対戦できるスマートけん玉「電玉」 うぉぉおおお!

 電玉は本体を2つ用意することで対戦プレイが可能に。会場ではスタッフ2人が高度な電玉バトルを実演してくれました。本体には技を認識するセンサー機能、振動/発光機能、本体間の通信機能を搭載。高度な技を決めて相手を振動で妨害するなど、けん玉のテクニックやスピードを存分に競い合っていました。競技性が高いので、けん玉が得意でなくても練習意欲が沸いてきそうです。

 プレイした結果は専用アプリを通じ、スマホやタブレットで表示されます。対人戦以外の1人プレイモードも充実しており、練習モードやコンピュータと対戦するモード、世界中のプレイヤーとポイントを競い合うモードなどを搭載。さらにアップデートで今後もゲームモードは増えていく予定です。

対戦できるスマートけん玉「電玉」 未来のおもちゃ感(画像はAmazon.co.jpより

 電玉のアイデアはもともとau未来研究所ハッカソンから生まれたもの(関連記事)。KDDI∞Laboハードウェアプログラム1期に選ばれ、クラウドファンディングでも支持を受けて製品化に至りました。現在はAmazon.co.jpなどから購入可能。また、12月31日まで「ソードアート・オンライン」とコラボした「電玉SAO EDITION」の予約をアスキーストアで受付中。「SAOエディション」は主人公キリトの装備をイメージしたカラーリングとなっています。

対戦できるスマートけん玉「電玉」 キリトさんをイメージしたカラーリング

 通常版のAmazonでの販売価格が1万2980円、「SAO EDITION」の予約価格は1万6200円となっています。


関連キーワード

ゲーム | IoT


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう