ニュース
» 2017年10月06日 19時06分 UPDATE

「前前前世」が懐メロ・「ドラクエXI」がレトロゲーム……60年後のカラオケ・ゲーム事情描く漫画に妙な説得力

60年後はカラオケもゲームも大幅に変容していることを想像すると、描かれている現代の様式は相当にレトロ。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 漫画家の横山了一さん(@yokoyama_bancho)がTwitterで公開した、「60年後のカラオケの様子」を描いた漫画が妙に説得力があって好評です。そのころにはセカオワの「Dragon Night」が懐メロとして歌われているとか、普通にありそう。



 田中さんの「Dragon Night」に続いて大川さんが歌うのは、映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」。「前世よりもむしろ来世が近いじゃろう!!」という田中さんのツッコミがシャレになってません。そして2人は憧れのおばあちゃん、前田さんの「千本桜」に聞きほれるのでした。なんだか、60年前も似たようなことやってそう。


カラオケ編 現代のお年寄りが60〜70年代の歌謡曲を歌う感じかも


 横山さんは同作の設定を引き継いだ「60年後のテレビゲーム事情」も公開。「懐かしの遊び」としてPlayStation 4やNintendo Switch、VRが用いられる未来の老人ホームを描いています。



 「ドラゴンクエストXI」や「スプラトゥーン2」を満喫したのち、「このころのゲームはレトロでよかったのう……」「進化しすぎるのもどうかと思うわい……」と語り合う2人。60年後のゲーム、どれだけ進んでるんだ。漫画は「この年PS14(と)『ドラクエ27』が発売された」と結ばれるのですが、ナンバリングの進むペースにもなんとなく現実味がありますね。


ゲーム編 「進化しすぎるのもどうかと思うわい」……現代でもたまに聞かれる話ですね

 2作とも「未来はこうあってほしい」「こんな老後なら年を取るのも悪くない」と好評の声が多数。「60年後は現代のゲーム機が接続できるモニターがないかも」「このころには全人類の電脳化が終わってそう」といった、「未来の標準」を想像するリプライも散見されます。


 横山さんは主に育児エッセイ漫画を手がけていますが(関連記事)、「コミケの達人が戦国時代にタイムスリップする漫画」(関連記事)など、ユニークな設定の漫画も多数公開しています。10月10日には、加藤マユミさんと漫画家同士で結婚したいきさつを描く『結婚までのあゆみをリレー漫画にしてみました。』が発売予定。



画像提供:横山了一さん(@yokoyama_bancho

(沓澤真二)


関連キーワード

ゲーム | カラオケ | 漫画家


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう