ニュース
» 2017年10月08日 15時00分 UPDATE

犬と猫どっちも飼ってるマンガが毎週たのしい! カワイイ犬とふてぶてしい猫のギャップ芸が冴えわたる

松本ひで吉先生の犬猫漫画、ほんわか平常運転です。

[ウグイラン,ねとらぼ]

 漫画家の松本ひで吉さんが、Twitterで無邪気でカワイイ飼い犬とふてぶてしい飼い猫の日常マンガを公開しています。


 10月最初に更新されたマンガのテーマは好きなもの。犬と猫の好きなものがそれぞれ複数同時に現れる、悩ましいプチドッキリが仕掛けられます。率直な表情を見せる犬と、必ず飼い主をにらみつけてくる猫のするどさが最高のあんばいです。

松本ひで吉 毎度強い猫にも弱みはある

 犬と猫のマンガは2017年の2月から始まり、ひで吉先生の予定に合わせて現在も継続中です。毎週繰り広げられる犬と猫と先生のやりとりは楽しく軽妙で、ファンにはすっかりおなじみの作品となりました。

 ひで吉先生が個人的に発表されているマンガでしたが、なんと9月13日に発売された単行本『ねこ色保健室』1巻で、犬と猫の書き下ろしがオマケマンガとして掲載される快挙を成し遂げました! 感慨深い商業デビューです。

 春先からずっと楽しませてくれた犬猫ちゃんマンガ、これからも連載作品と共にそっと見つめていきたいです。


犬と猫マンガ

松本ひで吉 自分以外のやつがかわいがられてるのを察してしまう猫


松本ひで吉 体調が悪い時さえもかわいい犬である


松本ひで吉 でも、いとおしい。

松本ひで吉 小さい頃は苦労をしていた猫ちゃんでした

画像提供:松本ひで吉さん


関連キーワード

| 漫画 | | かわいい | 漫画家


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう