ニュース
» 2017年10月10日 16時11分 UPDATE

「エドと結婚する」 山本美月、「鋼の錬金術師」への愛を抑えきれずにデレ顔になる

「魂持ってかれても代価足りない」

[のとほのか,ねとらぼ]

 モデルで女優の山本美月さんが10月9日、満面の笑みを浮かべている写真とともに、「鋼の錬金術師」への愛をInstagramでつづっています。完全に恋する乙女の顔になってる。

山本美月 鋼の錬金術師 エド えへへ(画像は山本美月公式Instagramから)

 漫画やアニメが大好きで、コスプレを披露するなどアニメオタクとしても知られている山本さん。中でも同作はオタクになったきっかけの作品だとしており、9月16日から10月29日まで東京ドームシティーで開催されている荒川弘さん原作の漫画『鋼の錬金術師』の原画展「鋼の錬金術師展」(関連記事)に、2回も訪れたことを満足そうな笑顔の写真とともに報告しています。「何かに一生懸命になれるってことはそれ自体が才能」ってアルも言ってたしな。

鋼の錬金術師展 荒川弘 書き下ろし 約5年ぶりに描き下ろされた原画展ビジュアル(C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX

 また、同作に登場する錬金術の基本とされる「何かを得ようとするならそれと同等の代価が必要」という「等価交換」の考えを引き合いに、「#ときめきと感動を貰いすぎて等価交換出来てないなにもあげれてない魂持ってかれても代価足りない」と悔しさをにじませた山本さん。「#グッズ大人買い」したのはその代価なのかな? 

 2013年にバラエティー番組「メレンゲの気持ち」に出演した際には、結婚相手として同作の主人公であるエドワード・エルリックの名前を挙げて、次元を超えた愛を語っていた山本さん。今でもその気持ちは変わっていないらしく、「#エドと結婚する」と固い決意を示しており、未来の結婚相手を前に抑えきれない興奮があふれ出てしまったのか、デッレデレな表情を見せていました。二次元の世界に入るにはなにと等価交換すればいいんですかね。

山本美月 鋼の錬金術師 エド 家宝だとする荒川先生が描いたサイン入りイラスト(画像は山本美月オフィシャルブログから)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう