ニュース
» 2017年10月11日 16時00分 UPDATE

トワイライトエクスプレスの内装を再現したホテル「ファーストキャビンステーション あべの荘」、大阪・阿倍野に10月28日開業

新機軸カプセルホテル「ファーストキャビン」の新ブランド。JR西日本ファーストキャビンが運営。

[ねとらぼ]

 かつて大阪〜札幌間を約22時間かけて走り、2015年3月に惜しまれながら定期運行を終了した寝台特急「トワイライトエクスプレス」(関連記事)。JR西日本ファーストキャビンが、この寝台特急の内装をコンセプトルームとして再現したホテル「ファーストキャビンステーション あべの荘」を10月28日に開業する。

photo プレミアムクラスにトワイライトエクスプレスの内装を再現した客室を用意

 ファーストキャビンステーションは、カプセルホテル形態ながら旅客機のキャビン型座席をイメージした空間作りで施設数を増やしているファーストキャビンの新ブランド。ファーストキャビンステーション あべの荘はその1号店として、ファーストキャビンと西日本旅客鉄道(JR西日本)が出資したJR西日本ファーストキャビンが事業運営を行う。

 場所は大阪府大阪市阿倍野区松崎町2丁目。JR天王寺駅から徒歩6分、大阪市営地下鉄御堂筋線天王寺駅と近鉄阿部野橋駅から徒歩2分の場所にある。客室(キャビン)は129室。広さや設備に応じてプレミアム、ファースト、ビジネスの3クラスを用意する。最上位のプレミアムクラスには、トワイライトエクスプレスの内装を再現したコンセプトルームを2室設ける。また、共用部には開放的な庭園エリアやラウンジ、大浴場もある。

photo 約4.4平方メートルのファーストクラス
photo 上段がファーストクラス、下段がビジネスクラス
photo 共用部の庭園エリア

 宿泊料金はビジネスクラス(約2.5平方メートル)で1泊5900円(税込、以下同)から。プレミアムクラスはツイン/ダブルベッド仕様で1万6000円から。1時間900円(ビジネスクラスで1回2時間から)のショートステイも行える。

photo JR西日本の豪華列車「TWILIGHT EXPRESS瑞風」にも乗りたいですね

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう