ニュース
» 2017年10月18日 12時27分 UPDATE

あの「ことでん」がまたやってくれた 2017年は「自宅踏切設置権」が買える

自宅にホンモノの踏切を設置できるよろこび。11月3日開催のことでん電車まつりで買える。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 ガチな香川在住鉄道ファンの皆さんに再度朗報! 2016年10月に「ホンモノの線路を自宅に敷設できる権利」(関連記事)を販売して話題になった香川県の高松琴平電気鉄道(通称:ことでん)が、2017年も「第16回ことでん電車まつり」を11月3日に開催します。

 目玉は、あの「権利販売シリーズ」。今回は前回好評だった「線路敷設権」に加えて、「四種踏切設置権」も販売されます。

四種踏切設置権は40万円

photo 四種踏切設置権

 四種踏切設置権は、ことでんで使われていた四種踏切一式と標準軌道3メートルを自宅などに設置できる権利。販売数は限定1つ、お値段は標準工事付きで40万円(税別、以下同)です。警報柱、簡易遮断管、渡り板、歩道の施工も含まれます。なお、標準軌道は最大5メートルまで延長(1メートル当たりプラス10万円)できるそうです。

photo 「四種踏切設置権」の申し込み書

線路敷設権は30万円

photo 線路敷設権

 線路敷設権は、過去に琴平線の三条−太田間で使われていた標準軌道3メートル分を自宅などに敷設できる権利。販売数は限定3つ、お値段は標準工事付きで30万円(税別、以下同)です。こちらも有料のオプションで最大5メートルまで延長可能です。

photo 「線路敷設権」の申し込み書

 それぞれ、申し込み期間は2017年11月3日の10〜15時。購入条件や設置条件の詳細は申し込み書に記載されています。購入希望者は申し込み書に記入の上、第16回ことでん電車まつり会場へ行きましょう。鉄道部品・乗務員アイテムのオークションも11月3日の13時30分から行われます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう