ニュース
» 2017年10月23日 18時15分 UPDATE

NHKが2018年新作アニメを発表 一色まこと「ピアノの森」、京アニ制作「ツルネ」、畠中恵「つくもがみ貸します」

NHKは、2018年もやる気だ!

[はためく惑星,ねとらぼ]

 NHKは10月23日、2018年に放送する3つの新作アニメ「ピアノの森」「ツルネ」「つくもがみ貸します」を発表しました。


NHKが2018年放送の新作アニメ「ピアノの森」「ツルネ」「つくもがみ貸します」を発表 NHKが2018年の新作アニメを発表(画像はNHKオンラインから)
一色まこと「ピアノの森」がNHKにより2018年4月にアニメ化 『ピアノの森』は、天才ピアノ少年一ノ瀬海の半生を描いた漫画 (C) 一色まこと/講談社

 「ピアノの森」は、『花田少年史』でも知られる漫画家一色まことさんが、1998年から2015年にかけて『ヤングマガジンアッパーズ』と『モーニング』で連載した漫画作品が原作。森に捨てられたピアノをおもちゃに育った少年「一ノ瀬海」が、ピアニストとなりショパンコンクールに挑戦するまでを描いた物語です。2007年には劇場アニメ化され、「第31回日本アカデミー賞」優秀アニメーション作品賞優秀賞を受賞。新作テレビアニメの放送は2018年4月から。2017年12月には、劇中のピアニスト3人の演奏を担当する、6歳〜15歳を対象としたオーディションも開催されます。


綾野ことこ「ツルネ」が京都アニメーション制作でアニメ化 『ツルネ』は、高校男子弓道を描いた作品(画像は『ツルネ ―風舞高校弓道部―』公式サイトから)

 「ツルネ」は、綾野ことこさんの小説『ツルネ ―風舞高校弓道部―』(KAエスマ文庫)を原作とした作品。「ツルネ(弦音)」とは、弓道で矢を放ったときに弦が弓を打つ音のこと。ある理由で弓道をやめた主人公の高校生「鳴宮湊」が、凄腕の弓道家「滝川雅貴」と出会い、再び弓道の頂点を目指す物語です。第7回京都アニメーション大賞小説部門審査員特別賞の受賞作である同作は、アニメーションを「Free!」「響け!ユーフォニアム」「聲の形」などで知られる京都アニメーションが制作します。


アニメ「つくもがみ貸します」は、累計60万部を超える畠中恵さんの小説が原作 『つくもがみ貸します』は、江戸を舞台としたファンタジー小説(画像はAmazon.co.jpから)

 『つくもがみ貸します』は、畠中恵さんが2007年に角川書店から刊行した累計60万部を超える小説。同じく畠中さんの『しゃばけ』(新潮社)は、第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞に選ばれ、NHKオーディオドラマでラジオドラマ化されました。アニメの原作となる『つくもがみ貸します』は、江戸のレンタル業「損料屋」を営む主人公の姉弟が、長い年月を経て古道具が妖怪化した「つくもがみ」と出会っていく物語です。

 NHKは、これまでに2018年1月から「カードキャプターさくら クリアカード編」(関連記事)、4月から「MAJOR 2nd」(関連記事)の放送を発表しています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう