ニュース
» 2017年10月30日 16時31分 UPDATE

ハロウィーンにスーファミ親子現る! 阿佐谷の仮装大会で前年準グランプリのファミコンが進化

お父さんが本体、双子の兄弟がコントローラー。もうお子さんたちが大きいこともあり、これが最後になるかも……?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 阿佐谷パールセンター商店街(東京都杉並区)のハロウィン仮装コンテストが、10月29日に開催。前回、親子でファミコンに仮装し準グランプリに輝いたルイレイチャンネルさん(@RuiReiChannel)が、今年はスーパーファミコン(スーファミ)になって登場しました。モデルのゲーム機もお子さんもパワーアップ!


SFCSFC 親子3人でスーパーファミコン!


 お父さんが本体、双子の息子さんがコントローラーとなり、みんなで手をつないでスーファミを表現。手法は前回と同じですが、今回は本体とコントローラーの高さがほぼ等しくなっており、息子さんたちの成長が見て取れます。


成長 中身を想像すると、息子さんたちの背がお父さんにだいぶ追いついていそう

 衣装の製作も家族で協力。実機を見ながら段ボールで形を作り、色紙を貼って再現していきます。そして1カ月以上の期間を経て、大会当日の朝に完成。本体には「スーパーマリオワールド」のカセットもセットされ、本当に巨大なスーファミのような仕上がりです。


本体 実機を見ながらスイッチやロゴの位置を決めていく

十字ボタン 十字ボタンの模様もていねいに再現

コントローラー本体 色紙を貼り付けるうちに、どんどん本物らしく


 当日はあいにくの雨でしたが仮装の評判は上々で、苦労は報われたもよう。ファミコン、スーファミと来たら来年以降はニンテンドウ64やゲームキューブ? ……と期待されるところですが、息子さんが来年中学に上がるので、親子での仮装は今回が最後になるかもしれないそうです。子どもたちの成長は喜ばしいことですが、ちょっとさみしい。


画像提供:ルイレイチャンネルさん(@RuiReiChannel

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう