ニュース
» 2017年11月02日 17時00分 UPDATE

未来の“柿の種”進化しすぎ問題! 「ブレードランナー 2049」監督、作中の装置は「柿の種」と認めてしまう

ドゥニ監督どこまで日本に優しいんだ!

[西尾泰三,ねとらぼ]

 “ばかうけ”か“柿の種”にしか見えない飛行体が登場している傑作SF映画の続編「ブレードランナー 2049」(10月27日公開)。同作のメガホンを取ったドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が「(あれは)柿の種」と告白してしまうメッセージ動画が公開されました。監督どこまで日本に優しいんだ!


ブレードランナー 2049 柿の種 ドゥニ ヴィルヌーヴ 監督 監督ゥゥゥ!? (画像はYouTubeから)

 SF映画の傑作として語り継がれる「ブレードランナー」の続編は、巨匠リドリー・スコットからメガホンを引き継いだドゥニ監督によるもの。今やハリウッドを席巻する人気監督の一人であるドゥニ監督は、巨大な“ばかうけ”が出てくると話題になった映画「メッセージ」も手掛けた人物。日本で盛り上がったネタのためわざわざ「ばかうけに影響を受けた」とコメントしてくれるファン思いの監督です(関連記事)。

ブレードランナー 2049 柿の種 ドゥニ ヴィルヌーヴ 監督 監督!?(画像はYouTube「映画『メッセージ』特別映像」から)

 映像では、「『メッセージ』に登場した宇宙船が“ばかうけ”に似ていると話題になりましたが……」という前置きも早々に「本作(ブレードランナー 2049)に新たに登場する装置はなんと“柿の種”です!」と告白しているドゥニ監督。映像ではその後、誕生したてのレプリカント(人造人間)を観察するようにグルグルと回る“柿の種”登場シーンが紹介されています。2049年の柿の種はすごいな。

ブレードランナー 2049 柿の種 飛ぶ柿の種

 なお、同作の初週週末興行成績は動員数こそ「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」に及ばなかったものの、興収では2億2649万円でトップに立っており、なかなかの滑り出しを見せています。


ブレードランナー 2049 柿の種 ドゥニ ヴィルヌーヴ 監督 監督!?

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう