ニュース
» 2017年11月02日 15時05分 UPDATE

老舗オンライン麻雀「東風荘」、2018年3月で終了 21年の歴史に幕

大変お世話になりました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 オンライン麻雀ゲーム「東風荘(とんぷうそう)」が、2018年3月末でサービスを終了すると発表されました。1996年12月のテスト運営に始まる21年の歴史が終わることになります。


公式発表 サイトトップ

 プログラマーのmjmanさんが制作し、無料(一部有料)で提供してきたサービス。PCにクライアントソフトをインストールすることで手軽に対局を楽しめるとあって、当時としては珍しいオンライン麻雀として絶大な人気を集めました。サービス開始当初はダイヤルアップ接続が一般的で、テレホタイム(関連記事)に空き卓を探したという人も多いのではないでしょうか。


プレイ画面 シンプルながらチャット機能も搭載。公式には明記されていませんが、Windows 10でもプレイできました

ALT モバイル向けのサービスもありましたが、こちらは既にサービス終了

 公式サイトには「21年間のご愛顧ありがとうございました。ユーザの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです」と作者からの言葉が。なお、更新情報には11月2日から12月7日までの第219回大会が告知されており、サービス終了までまだまだ楽しめそうです。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう