ニュース
» 2017年11月04日 13時30分 UPDATE

Twitter、ルールを更新 「自殺や自傷行為」部分など

「写実的な暴力描写および成年向けに該当するコンテンツ」についても。

[ねとらぼ]

 11月4日、Twitterはルールを更新し、「写実的な暴力描写および成年向けに該当するコンテンツ」「暴力および身体的危害」内の「自殺や自傷行為」部分など、違反事項を明確とし、Twitterの対応について言及した

 ハリウッド大物プロデューサーのセクハラ問題を批判していた女優のアカウントが一時凍結され、反発が起きたことを受け、Twitterのジャック・ドーシーCEOが近く嫌がらせ対策の新ルールを導入することを明らかにしていた(関連記事)。

 「写実的な暴力描写および成年向けに該当するコンテンツ」では、人の死、重篤な外傷、暴力、外科手術などに関するグロテスクなツイートを全て写実的な暴力描写と見なし、ポルノをはじめとする性的興奮の喚起を目的としたツイートを全て成年向けコンテンツと見なすことを報告。これらを部分的に許可することがあるが、そのようなコンテンツをプロフィル画像やヘッダー画像への使用を禁止することや、削除を要請する場合があることに触れている。

ツイッター 「写実的な暴力描写および成年向けに該当するコンテンツ」について

 「暴力および身体的危害」内の「自殺や自傷行為」部分では、自殺や自傷行為の助長や扇動を禁止。ある利用者に自殺や自傷行為の兆候があるという報告を受けた場合は、その人物を支援するためにTwitter社がさまざまな対応を行うことがあり、具体例としてTwitterのメンタルヘルスパートナーの連絡先などの情報を伝えるとしている。

ツイッター 「暴力および身体的危害」内の「自殺や自傷行為」部分

 神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が発見され、27歳の男が逮捕された事件では、容疑者が複数のTwitterアカウントを使い分け、そのうち一つでは自殺志願者に方法などを助言するようなツイートが投稿されていたとして問題視されている。

関連キーワード

Twitter | 暴力 | 自殺 | 成人向け | 削除依頼


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう