連載
» 2017年11月08日 12時00分 公開

「婚活は営業と一緒。アポ取って週5で会いまくった」 マンガ『合理的な婚活』著者インタビュー(2)

「婚活まじかよ。困ってる人全員始めるべきだな!!!」

[ねとらぼ]
合理的な婚活

 Webコミックサイト「スピネル」で連載中の『合理的な婚活 〜DINKsを本気で目指すおたくの実録婚活漫画〜』。SNSで話題を集めている本作について、著者の横嶋じゃのめ先生にインタビューしました。漫画本編もあわせて掲載します。

漫画『合理的な婚活』とは?

 「子どもは持たない」「家計は別々」「できれば同居もしたくない」という条件付きでの理想の結婚を目指すべく、マッチングアプリを使ってできるだけ効率的に婚活を進めていこうとする、営業系おたく女のガチ婚活レポ漫画。

著者プロフィール:横嶋じゃのめ

1987年生まれ。雑誌の広告営業をしながら趣味の同人漫画を描いている。三度の飯よりBLが好き。


















横嶋じゃのめ先生インタビュー(2)



前回からの続き)

――2話にはマッチングアプリを使った具体的な婚活の進め方が出てきますね。

 最初はアプリ用のプロフィール写真を撮るだけで吐きそうになります。今からしたら最初のハードルだったんですが、誰でもそうなんじゃないかと思います。「自分を良く見せるための写真を選ぶ」という行為だけできつい。

 今私は30歳なんですけど、その下の25歳くらいまでは、自撮りの良い写真を持ってるんですよ。でもわれわれはない。コスプレとかしてない限り、あまりおたくは持ってないと思います。“盛る”アプリとかもスマホに入ってないので。

 それで、最初は飲み会で撮った適当な写真で登録したんですけど、初めて会った人がいきなり良い人で。これだったらプロフ写真を磨いたらもっと良い人が来るかもしれないと思って、自撮りを頑張りました。

――婚活を始めて1年とのことですが、今までに何人くらいと会いましたか?

 26〜27人くらいですね。最初にどばーーーって会ったんですけど、最後の4カ月は某アニメ映画にめちゃくちゃハマって婚活そっちのけで毎日映画館に通っていました。婚活で会った人をその映画に連れていったり。でも、最初の頃はほんとに週5で違う人と会ってました。

――漫画の中にも出てきますね。水曜夜がアニメ視聴の日で、それ以外の日曜〜金曜までは毎日誰かと会っていたと。

 いや、でもこれは真似しないほうがいいですね。最初はいろいろな人と会えるのがおもしろくて、どんどんアポを入れてたんですけど、途中で「待て待て、これ精度上がってなくない?」って気が付いて、結局やめました。

――作中で「アポを取って会いまくるのは営業と一緒」と描かれていましたが、逆に婚活と営業で違うところは?

 うーん……営業に終始似ていて、自分のことで言えば、結局婚活で出た課題が、普段の仕事である営業の課題でもあった、という感じです。具体的に言うと見切りの早さなんですけど。脈がなさそうだなと思うと急に訪問しなくなる、みたいな。営業も腰を据えた提案とかすごく苦手で、めっちゃプレイスタイルが出てます。

――逆にご自身の強いところはどこでしょう?

 出たとこ勝負は死ぬほど得意ですね。パッて行ってバッと風呂敷広げてドンッて一発目決めてくるのは得意なんですけど、そこからのリピートは苦手という。

 婚活はほんとに仕事と同じで、PDCA(※)を高速で回すことばかり考えてました。でも、実は最近それは違うんじゃないかということに気付かされまして……。今後、漫画の中でそのあたりを描きたいと思ってます。

※PDCA:Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善)のこと。これを繰り返すことにより、業務の継続的な改善を図る


(3)に続く

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう