ニュース
» 2017年12月07日 09時00分 公開

東京シティビューに超巨大インベーダーゲームが到来 夜景に浮かび上がる敵を協力プレイで撃退

スクウェア・エニックス開発の「バハムートディスコ」とのコラボも。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 六本木ヒルズ展望台の東京シティビューで、「PLAY!スペースインベーダー展」が、2018年1月12日から31日まで開催されます。目玉は縦7メートル・横15メートルの窓を画面に使ったゲーム「SPACE INVADERS GIGAMAX」。夜景をバックにインベーダーを迎撃するとか絶対盛り上がるやつ!


夜景 夜景に押し寄せるインベーダーの大群!

 同年に40周年を迎えるタイトーのアーケードゲーム「スペースインベーダー」の記念イベント。プロジェクションマッピングで窓に投影されたインベーダーと、最大10人で協力して戦えます。BGMも同社のサウンドチーム「ZUNTATA」による書き下ろし。


ロゴ 1978年にブームを巻き起こしてから、もうすぐ40年

 さらにスクウェア・エニックス開発の体感型音楽アトラクション「バハムートディスコ」(関連記事)の、「feat. SPACE INVADERS」バージョンも登場。左右360度・下方90度に広がる映像空間で、インベーダーと戦えます。


バハムートディスコ 光と音に合わせてビートを刻み、インベーダーを撃退

 インベーダーが投影された壁面を、ボルダリングの要領で登りながら戦う「NOBORINVADERS(ノボリンベーダー)」もプレイ可能。入場は一般1800円、高校生・大学生1200円、4歳〜中学生600円、65歳以上1500円の展望台料金だけでOKです。


ノボリンベーダー インベーダーたちを、登ってたたいてやっつける

(C)TAITO 1978, 2017

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう