ニュース
» 2017年12月20日 20時51分 公開

LINEが自転車シェアリング事業に参入 中国Mobikeと提携、LINEアプリから直接利用可能に

2018年上半期までにサービス連携を開始。

[ねとらぼ]

 LINEは12月20日、自転車シェアリング事業に参入すると発表しました。モバイク・ジャパンと資本業務提携を締結し、2018年上半期までにLINEアプリとのサービス連携を目指します。

photo LINEアプリからMobikeのサービスを利用できるようにする

 モバイク・ジャパンは、世界200都市・2億ユーザーの規模で展開する中国Mobikeの日本法人。2017年8月に北海道札幌市で自転車シェアリングサービスを開始しています(関連記事)。GPSやモバイル通信機能を内蔵した4年間メンテナンスフリーの自転車を配備し、スマホアプリだけで車両の検索、予約手続きと利用開始、決済までを完結できます。GPSによって車両位置を把握できることから、目的地に到着したら最寄りの駐輪スペースへ止めればOK(借りた場所へ返さなくてもいい)とする乗り捨て利用も可能です。

photo Mobikeは、セイコーマートなどの街のスポット/チェーン店を持つ企業と連携して駐車スペースを確保

 モバイク・ジャパンは、サービス運営、車両の提供、メンテナンス、アプリ、業務システム開発などのプラットフォーム全般を担当。LINEは官公庁・自治体・企業などとのネットワークを生かしたインフラベースの整備サポートとともに、月間利用者数7100万人とする豊富なユーザーベースを生かすサービスを展開します。2018年上半期までにLINEアプリからMobikeをシームレスに利用できるように準備を進める計画です。

photo
photo エアレスタイヤを採用し、4年間メンテナンスフリーとした車両を用意

 国内の自転車シェアリングサービスは、2014年に自治体とNTTドコモ(ドコモバイクシェア)が連携してサービスを開始(関連記事)。ソフトバンクグループのOpenStreetは自治体などと連携したサービスを展開、また同グループのソフトバンク コマース&サービスも中国ofo(オッフォ)と協業してサービスを開始します。携帯電話事業者以外にも、2017年はセブン-イレブン(関連記事)、DMM(関連記事)、メルカリ(関連記事)など、それぞれ多くのユーザーを抱える企業の参入表明が相次いでいます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう