ニュース
» 2017年12月21日 16時18分 公開

Togetter、1週間ぶりに復旧 アプリ開発者アカウント一斉凍結の影響で不具合が出ていた

代表・吉田さんの個人アカウントが凍結 → Togetterが一部機能停止。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 開発者のTwitterアカウントが一斉に凍結された影響で、不具合が発生していたツイートまとめサービス「Togetter」が約1週間ぶりに復旧しました。代表取締役の吉田俊明さんが、一連の経緯について報告しています。

 「Togetter」は、吉田さんが2009年に個人の趣味として開発。人気を博し、後にトゥギャッター社が設立されましたが、同氏個人のTwitterアカウントにAPIキーをひもづけた状態のまま運営が続けられていました。しかし、12月14日ごろ、Twitterアプリ開発者のアカウントが相次いで凍結される騒動があり、吉田さんのアカウントも利用できない状態に。これにより、「Togetter」は一度ログアウトすると、再ログインできなくなる不具合が発生していました(関連記事)。

 Twitter社の開発者向けポリシーには、「同一の利用目的を対象に複数アプリを利用しているケース」を違反とする規約が設けられています。吉田さんによれば、アカウント凍結にあった開発者らには「持っているアプリ(API)を1つだけ残して全部削除しなさい」と指示するメールが送られていたとのこと。同氏もTogetter以外のAPIキーを削除することで、アカウントが復旧されたとしています。


Togetterが凍結解除 開発者向けポリシーでは、「同一の利用目的のために複数のアプリを作成する」のはよくある規約違反だと説明されています


Togetterが凍結解除 アカウント凍結にあい、吉田さんはマストドンから情報発信


Togetterが凍結解除 復旧までの経緯を紹介するまとめ記事も。上部には機能復旧のお知らせが

 なお、吉田さんは「TogetterはTwitterのAPIに負荷になるようなサービスではないので、複数アプリを同一目的で作成するなどの不正は行っていません。API制限の中で十分にサービス運営できていました」と規約違反について否定。今回の一斉凍結について「事前にアラートがほしい」「(開発者ポリシーでは、1つのサービスに対して複数のAPIキーを作成してはならないとされているが)『1つのサービス』というのはどういう範囲なのか明確にしてほしい」などの問題提起を行っています。

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう