ニュース
» 2018年01月14日 19時00分 公開

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:しんしょうひんができました こぐまのケーキ屋さん(5)「プリンアラモード」

言いにくい単語ってあるよね……。

[カメントツ,ねとらぼ]

こぐまのケーキ屋さん

 漫画家のカメントツ先生(@computerozi)がTwitter上で連載中の「こぐまのケーキ屋さん」。今週は第21話〜第25話を振り返ります。


作者:カメントツ

こぐまのケーキ屋さん

1986年生まれ、愛知県出身。デザイナー、イラストレーターを経て2014年から漫画家としての活動を開始。現在は小学館「ゲッサン」で「スタッフがおいしくいただきました」連載中。ほか代表作に、「カメントツのルポ漫画地獄」(オモコロ)、「カメントツの漫画ならず道」(ゲッサン)など。

Twitter:@computerozi




「プリンアラモード」


こぐまのケーキ屋さん


「ゆうひ」


こぐまのケーキ屋さん


「せいちょう」


こぐまのケーキ屋さん


「さんた」


こぐまのケーキ屋さん


「どんぐり」


こぐまのケーキ屋さん


店長の言えないもの

 こぐまさん店長が新商品として作ったのはおいしそうな「プリンアラモード」。その見事な出来に「すごい!」と褒める店員さんですが、こぐまさんは「ぷりんありゃもど…です」「ぷりんあらもろ…ぷいんあやらろろ…」「ぷいんあららもろ…」とどうしても商品名を正しく言うことができません。最終的には落ち込むように顔をふさいでは「やめます…」と一言。もうかわいすぎて“ぷいんあらもろ”でいい気がしてきた……!

 ちなみにこぐまさんは「ラングドシャ」も言えないそうなので、この2つが注文できるようになる日はちょっと遠そうです。みんなそれぞれ言いにくい単語ってあるから気にしないで店長!


こぐまのケーキ屋さん

 そんな見ていて笑顔になる楽しいこぐまさん店長と店員さんの日常ですが、ふたりでゆったりとコーヒーを飲みながら夕日を眺めるエピソードは、なんだか心を軽くしてくれるような、これまでにないほっこり回。「おひるとよるがまざってきれいですね」「そうですね」というなんでもない会話と、その後ろ姿と目の前に広がる夕日が、現実の忙しい日々を忘れさせてくれます。

 今回は他にも店員さんの成長イメージ図を描いたり、ちょっと違うサンタ(三太)を思い浮かべたりと、こぐまさんの豊かな想像力が発揮されたエピソードも印象的でした。

 次回は以前の「おにもつ」(3話参照)でちょろっと名前だけ出てきていた新キャラクターが登場します。おたのしみにっス!


こぐまのケーキ屋さん


これまでのこぐまのケーキ屋さん一覧



Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう