ニュース
» 2018年01月21日 11時00分 公開

ジェルボール洗剤を食うな! 米YouTuberの危険行為にメーカーが注意喚起

見た目はおいしそうだけど食べちゃダメ。

[関口雄太,ねとらぼ]

 ジェルボール状の洗剤を食べる行為が、10代を中心にYouTuberのあいだで流行しています。「洗剤を食べないで下さい」――そんな当たり前の注意喚起をメーカーが行う事態に発展中です。


 問題となっている一連の動画は、商品名にちなんで「タイドポッドチャレンジ」と呼ばれています。動画で自社の洗剤を使われた米タイド(P&G)は、人気アメフト選手ロブ・グロンコウスキーさんを起用した動画をTwitter上で公開。彼からの直接のメッセージとして「Do Not Eat(食べるなよ!)」という注意喚起を行いました。

 米CBCニュースによると、今回のチャレンジに直接関係はないものの、少なくとも10人以上がタイドポッドの摂取により死亡(2人は幼児、8人は認知症の高齢者)した事例が存在するとのこと。米国消費者製品安全委員会の会長アン・マリエ・バークルさんは問題の動画について「ジョークとして始まったようですが、度が過ぎています」と、危険性を指摘しています。

ジェルボール洗剤を食うな! アメリカのティーンYouTuberが危険行為を投稿 致命的な危険があると専門家が注意喚起
ジェルボール洗剤を食うな! アメリカのティーンYouTuberが危険行為を投稿 口にTide Podsを咥えるYouTuber
ジェルボール洗剤を食うな! アメリカのティーンYouTuberが危険行為を投稿 複数のYouTuberが危険行為の動画を投稿している

 今回のような危険なソーシャルメディアチャレンジは過去にも例がありました。例えば2010年前後に世界中でブームになった「シナモンチャレンジ」。大量の粉末シナモンを水なしで飲み込む行為で、気管や肺に負担をかける危険があると指摘されています。


 Web上ではしばしば、話題を集めるためについ過激な挑戦をしてしまいがちですが、軽はずみな行為が実は非常に危険な場合もあります。少なくとも今回のジェルボール状の洗剤を食べる行為は死亡事故につながる危険もあり、冗談では済まされないものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう