ニュース
» 2018年01月23日 19時00分 公開

漫画の違法サイトに対する作家の嘆きを描いた漫画が注目を集める 「無自覚の内に作品と作家を殺すんです」

マッチョグルメの成田さんがTwitterに投稿。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 漫画の違法配信サイトが問題となっています(関連記事)。ある漫画家が、罪悪感なく違法サイトを利用するファンと、その無自覚によって作品と作家が殺されてしまう現状を漫画にしてTwitterに投稿したところ、大きな反響を呼んでいます。

 投稿したのは、ジャンプ+で「マッチョグルメ」を連載していた成田成哲さん。マッチョグルメはボディービルダーが好きな食べ物を食べるだけという、設定の濃さが魅力です(関連記事)。

 漫画では、違法配信サイトに対する作家の嘆きをファンと作家との会話で表現しています。登場するファンは、違法配信サイトで作品を読んだと言います。その姿に罪悪感は微塵も感じられません。

漫画1ページ目 違法漫画サイトに関しての作家の嘆き(画像提供:成田 成哲さん)

 ファンは「いやー面白い漫画がタダで読めるなんて良い時代になりましたね!」と話します。このファンは世の中の仕組みが分かっていないらしく「何で○○先生の作品途中で終わっちゃったんでしょう?長く続いて欲しかったなあ」と残念そう。

漫画2ページ目

 作家はこのファンに「単行本の売り上げで作品の存続が決まる」と説明します。そして「アナタのように『面白い』と言いつつ、違法サイトの運営だけに広告費を供給する人々が無自覚のうちに作品と作家を殺すんですよ」と警告。

漫画3ページ目

 最後のコマでは「頑張って描いた作品がタダで読まれるなんて、辛い時代になりましたね」というセリフで締めくくられます。

 投稿ツイートには多数のコメントが寄せられました。レンタル、古本、漫画喫茶、公式の漫画アプリなどは作家に還元されるのかという質問が多く寄せられており、成田さんは「対価を払っているだけまだマシ、けれども新品単行本や電子書籍を購入してもらうのが作家としては一番うれしい」と返信しています。

画像提供:成田 成哲(@bisekai1)さん

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう