ニュース
» 2018年01月28日 19時00分 公開

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:何かいいことあったんですか? こぐまのケーキ屋さん(7)「あさごはん」

癒やされて一緒にうれしくなる朝の風景です。

[カメントツ,ねとらぼ]

こぐまのケーキ屋さん

 漫画家のカメントツ先生(@computerozi)がTwitter上で連載中の「こぐまのケーキ屋さん」。今週は第31話〜第35話を振り返ります。


作者:カメントツ

こぐまのケーキ屋さん

1986年生まれ、愛知県出身。デザイナー、イラストレーターを経て2014年から漫画家としての活動を開始。現在は小学館「ゲッサン」で「スタッフがおいしくいただきました」連載中。ほか代表作に、「カメントツのルポ漫画地獄」(オモコロ)、「カメントツの漫画ならず道」(ゲッサン)など。

Twitter:@computerozi




「なぞなぞ」


こぐまのケーキ屋さん


「ばーすでーけーき」


こぐまのケーキ屋さん


「すのーどーむ」


こぐまのケーキ屋さん


「あさごはん」


こぐまのケーキ屋さん


「くりすますつりー」


こぐまのケーキ屋さん


あたまがのっぽで、けがふわふわ

 こぐま店長と店員さんがお互いになぞなぞを出す、ほのぼのな日常会話から生まれたのは「あたまがのっぽで、けがふわふわ」なおばけ。これはこぐまさんの自由な想像力から生まれたもので、まさか自分自身がその「あたまがのっぽで、けがふわふわ」の答えとは知らず、「おばけ?」と怖くなって震える姿がたまらなくかわいいです。以前の「せいちょう」(23話参照)でも店員さんの成長姿を自由に想像する場面がありましたが、どうやらこぐまさんはヒトより柔軟な発想力を持っているようです。

 また、逆さにすると雪が降るおもちゃのスノードームを見た時のリアクションでは、魔法ではないと言われつつも「まほうじゃないけどまほうみたいです!」と純真でとっても嬉しそうなこぐまさんの表情が。きっと本人の目にはこちらが想像がつかないほどステキに見えているんだろうなぁ。


こぐまのケーキ屋さん

 そんなこぐま店長の気になる朝の風景が描かれたエピソード「あさごはん」では、そのこぐまさんのお家の中や、朝ご飯では白米も食べていることなど、これまであまり知らなかった面が。さらによく見ると、ベッドの横に誰かとのツーショット写真が飾られていたり、以前に吹いていた角笛のようなラッパが落ちていたりと、ケーキ屋さん以外での生活を想像させるアイテムも見られます。

 なりより、1つの卵から「ふたごのたまご」がでてきたことでスキップするほどうれしくて楽しそうになるこぐまさんが愛おしく、こちらも心の中でスキップをしたくなるのでした。見習って小さい“いいこと”を見つけられるようにしたいな……!


こぐまのケーキ屋さん

 現在「こぐまのケーキ屋さん」のコミックスがAmazon.co.jpにて予約を受け付けていますが、こぐまさんの「ぬいぐるみ(オリジナル限定ステッカー付き)」(関連記事)もロフトネットストアで先行予約受付中なのも忘れずに。こちらは1月31日までです。






これまでのこぐまのケーキ屋さん一覧



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう