ニュース
» 2018年02月02日 19時51分 公開

ウメハラ選手、ときど選手など21人に「ストリートファイターV」プロライセンス発行 ももち選手の名前は無し

ももち選手は2017年12月にライセンス制度に対する声明を発表していました。

[ねとらぼ]

 カプコンは、対戦格闘ゲーム「ストリートファイターV アーケードエディション」のプロライセンスプレイヤーを発表しました。このライセンスは、2月1日に設立した日本eスポーツ連合が発行するもの。

 今回ライセンスが付与された選手はウメハラ選手やときど選手など21人。エグゼクティブプロデューサー・小野義徳氏の声明によると「カプコンプロツアー2017で100位以内に入った日本人選手」に対しプロライセンス発行を推薦し、「推薦対象者は22人で21人の賛同を得た」とされています。また、2017年12月にライセンス制度に対する声明を発表していたトッププレイヤー・ももち選手の名前はありませんでした(関連記事)。


ストリートファイターV プロ認定を受けたプレイヤー(STREET FIGHTER V ARCADE EDITION e-Sports情報より)

ストリートファイターV

ストリートファイターV ももち選手の名前はありませんでした(カプコンプロツアーより)

 プロライセンスの発行は「公認大会において公認タイトルの競技で優秀な成績を収めること」など3つの要件がありますが(関連記事)、メーカーからの推薦を経た発行も例外的に認められていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう