ニュース
» 2018年02月12日 15時49分 公開

4年ぶりの「エクストリーム編み物」再び フィンランド代表コーチが競技会場で編み物を披露

みんなで編んでるらしい。

[ねとらぼ]

 平昌五輪のスノーボード男子スロープスタイルで突然編み物をする男性が映し出され、話題を呼んでいます。なぜわざわざそんなところで編み物を……?


編み物 (画像はRoope Tonteri選手のFacebookより)

 フィンランド代表・Roope Tonteri選手の横で編み物をしていたのは、コーチのAntti Koskinen氏。実は五輪で編み物するのは初ではなく、ソチ五輪の際にも編み物をする姿が話題になっていました(関連記事)。なお、前回はマフラーを編んでいたそうですが、今回は大統領夫妻に誕生した赤ちゃんのために毛布を編んでいるそうです。


編み物 みんなで編み物(画像は五輪フィンランド代表Twitterより)


 五輪の舞台に編み物男子が現れたことで、ネット上では「編み物コーチとらえた…うれしすぎる」「リアタイで初めて見ました」「編み物好きとしてはコーチも観察したい」などの声があがることに。確かにスノーボードの競技中に編み物してる姿が見られたら少しテンション上がるかも。

 なお、駐日フィンランド大使館のTwitterによると、この編み物はソチ五輪のときにチームの心理士の呼びかけで始まったもの。今回もみんなが編んだものをつなげる予定で、このコーチだけが編み物をしているというわけではないようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう