ニュース
» 2018年04月05日 15時15分 公開

「パイの実」を「πのみ」の数式で作成 ベタなダジャレから生まれた天才的な発想にひれ伏すしかない

ダジャレとしては高度すぎる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「π(パイ)のみでパイの実を作った」という、謎のダジャレがTwitterで注目を集めています。添付された画像には「パイの実」のCGと、「πのみ」の数式が。なるほど、この数式を用いれば、パイの実のような六角形のCGを描画できるってことね。分かった分かった(数式の内容以外は)。


πの実 ぱいのみでぱいのみを表現した、いわば「πの実」

πの実 実物のような層状になっています

 考案したのは、「きのこの山」を数式で表したこともあるCHARTMAN(@CHARTMANq)さん(関連記事)。今回は定数が「πのみ」の数式を組み立てています。本当は“層状”であるパイの実にかけて、“総乗”記号の「Π」(πの大文字)も使いたかったのだとか。ダジャレとしては高尚すぎる。


πの実 「0〜9の数字を用いていないので数字アレルギーの人も安心」。……ネコアレルギーの人でもライオンなら安心って言ってるようなもんだぞ

 文系卒の筆者としては見慣れない記号ばかりですが、「ceil」は入力した数値の小数点以下を繰り上げ、「floor」は繰り下げた整数を返す関数。「ceil(π)=4」「floor(π)=3」など、本来は単純な数字で表せる数式をπと関数に置き換えていることが分かります。そう考えると数式の理解へ一気に前進できそう……いや、それでもまだよく分からないのですが、数学に興味を持つきっかけにはなりました。


画像提供:CHARTMAN(@CHARTMANq)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう